2008-06-05(Thu)

「大谷崩れ」について

「大谷崩れ」について

梅ヶ島地区に、日本の三大崩壊地域があると聞いて訊ねてみた・・、「大谷崩れ」という。
梅ヶ島温泉より4km程下った「金山温泉」のほぼ向かい側、梅ヶ島集落(新田地区)の安倍川支流である「大谷川」に沿って遡って行く。 
次第に、一面ガレキと化した源流沿いの勾配のきつい林道を走ると、いよいよ正面には「大谷崩れ」が近づいてくる。 道路のほぼ行き止まり付近に「大谷嶺」の大崩壊地域が正面に見参できた。

靄(もや)で霞んではいるが、遥か上方まで見通すことができ、その「崩れ」の様相の無気味さと険悪さに圧倒される。
付近の河原は岩石、砂利で埋め尽くされていて、簡単に徒歩で進入することが出来るが、実は当時は深い谷が落ち込んでいたらしい。 現在は、この崩壊で谷の深さ凡そ100mが全て山崩れの瓦礫で埋め尽くされたらしい・・。

「大谷崩れ」は日本三大崩れの一つだそうで、富山県立山の「常願寺川・鳶山崩れ」、長野県小谷村の「稗田山崩れ」を指すらしい。他に「富士大沢崩れ」などがあるとか・・。
大谷崩れは、安倍川水源の一つである大谷(おおや)領(標高1999.7m)が、宝永4年の大地震により大崩壊したもので、大谷領は山梨県側では行田山と呼ばれる。
標高が1999.7mということで、山梨県側では30cmの記念碑を建て、丁度2,000mの山ということでミレニアム開発をしたそうである。
標高2,000mの山頂から、その名も「扇の要」と言う場所に雪崩落ち、そこから裾を広げながら安倍川に雪崩ている。 
原因は地震と洪水とのことであり、扇の要付近の標高は1,300mであるので、実に700mの崩落という大規模なものであった。

写063(クリック大)  崩れ1埋め尽くされた大谷河原より、今は緑に覆われてきたが正面は大谷嶺の大崩壊地域である。

写「大谷崩れ」 大谷崩れ上空より大谷崩れの全容、ピークは大谷嶺(標高1999.7m、写真は、現地砂防管理事務所提供による・・。)

『フ ォッサマグナについて』・・或る地質学者の見解
日本の本州は右と左に分かれて、左が東西、右が南北にできているL 字形になっている。その中央部を境に別々のプレートに乗っているのが日本本州であり、その両方が接したところが「フォッサマグナ(大地溝帯)」と言われている。
そのへそが諏訪辺りで、その北西側に北アルプスがあり南側に南アルプスがある。
この大地溝帯に沿って日本が動いているといわれ、この辺りの破砕がどんどんと進んでおり、そこが谷間になりやすく崩れやすいといわれる。
興味深いことは、地形は諏訪辺りを中心にして180 °対称形になっていて、日本海側には富山湾があり,能登半島があり,立山の鳶崩れがある。 太平洋側には駿河湾,安倍川があり,伊豆半島があり,大谷崩れがある。
この様に、「フォッサマグナ」に沿って三大崩れがあり、立山の鳶崩れ、安倍川上流の大谷崩れ、姫川の上の稗田山崩れを三大崩れという。
そしてこれらの写真や地図を見ると崩れ方が皆同じであり、上からどんどんと崩壊していっているのが判る。 
そして、周辺地質は元々崩れているのが堆積したものだから、地震が起こればいつでも崩れるのである。
立山の崩れは150 年前、ここの大谷崩れは300年前に始まったといわれる。 さて、次に崩れるのはどこだろうか・・?と疑問を生じながら、150 年周期で考えたら良いかもしれない。
崩れ面は全てがスプーン状になっている。 土木の世界でいう“滑り面”の考えと一致する面もあるし、そうでない面もあるが、とにかく形を見るとスプーン状になっている。 これは下から見るとわからないが、上空や山頂から見るとよく見えるのである。
「大谷崩れ」を上空から見ると写真の如しである。

尚、筆者小生は、長野県白馬村に別宅を構えていて、隣村である小谷村の「稗田山崩れ」現場には数度訪れている。
状況詳細は下記ブログ、H・Pに記載あり・・。

ぶろぐ: 日本周遊紀行

ほーむ: 日本一周記



写「稗田山崩れ」 稗田崩れ最奥部の金山橋より望む。 奥の山稜が全域崩れているが、撮影点は崩壊部のほぼ中心で、見えているのはホンの一部である。山稜裏側は「白馬コルチナスキー場になっていることが信じられない。

写011(クリック大)  崩れ011田園地帯の一角、「崩れ」の入口に当たる記念碑。 高齢になって現地を訪れた「幸田 文」氏と平成の大洪水で遭難した人々の記念碑。



終り。 次回は「山」に関するブログを投稿する予定です・・。
スポンサーサイト
2008-06-05(Thu)

初夏の「接阻峡」から「梅が島」を往く・・!!

 

 

初夏の「接阻峡」から「梅が島」を往く・・!!

今日は、ここ接阻峡温泉郷より「梅が島」、更に、難所で知られる「安倍峠」を越えて山梨の身延へ至る道程を選択してみた。
接阻峡温泉から井川線の終着「井川駅」までの道のりは、大井川峡谷へ落ち込む急斜面のかなり狭い道である。 地図を見ても鮮明には載ってない心細い道路であるが、でも舗装された道で慎重に運転すれば充分可能な道である。
県道(静岡)60号と接した所を右手に下っていくと、間もなく井川線の終点「井川駅」である。 駅周辺は人家などは一切無い山中の駅舎である、ただ、駅に隣接した小さな土産物屋と軽食堂があるのは幸いであろうか・・。 100m程下部に、井川ダムが峡谷深くそそり立つ、観光客は一見の価値はあろうか・・?。

写056 井川ダム井川ダムサイト(クリック大)

県道60号は、井川ダムの堰堤を渡り、山中深く入り込んでゆく、この道は一般に「南アルプス公園線」とも呼ばれているようだ。 途中、山の出湯・「口坂本」の分岐を越え、「富士見峠」の明るい山頂を越えると、間もなく「笠張峠」の分岐を左へ目指した。
笠張峠からは県道189号線になり、相変わらず急峻な山間の心細い道である。 この道は、口坂本を通る県道27号(井川湖御幸線)とともに、北部の井川地区と南部の市街地とをつなぐ重要な道路である。 しかし県道27号より整備が進められており、かつ、距離が短いため、ほとんどの車がこちらを利用しているらしい。 静鉄バス(しずてつジャストライン)の小型バスが、富士見峠まで運転している。

落合地区で県道27号と合流し、安倍川を渡って次に県道29号を川に沿って北上する。 
油島地区より凡そ30km、30分ほどで本日の目的の一つ山峡の「梅が島温泉」地区に到着した。 安倍川のほぼ源流地域であり、その川沿いに、ひっそりと佇む山峡の出湯であった。

こちらの温泉は、今流行の掘削して掘り当てた温泉ではなく、源泉は一箇所の、ほぼ完全なかけ流しで、静岡市によって梅ヶ島温泉観光組合(12軒の旅館や民宿と1軒の食堂の全13軒)に分湯されているとのこと。
泉質は、無色透明で「ph9」以上の(アルカリ性)の単純硫黄泉、効能は神経痛、リウマチ、神経炎、慢性皮膚病、慢性婦人などに効き 湯浴み心地がツルツルしてすべらかで、昔から「美女づくりの湯」として親しまれていりという.。
春秋の行楽シーズンは、静岡市内や近郊からの湯せん客が耐えないと・・。

(クリックすると大きく見えるよ)
写 案内梅が島周辺案内図(観光協会提供)

059 梅が島1高台の公園より・・、左の道路は安倍峠へ・・。

060 梅が島2安倍川源流部と旅館街

065 梅が島3峠への途中から梅ヶ島温泉地区を望む


梅ヶ島温泉の歴史(協会の立看板による)

『梅ヶ島温泉は、静岡市の北部、安倍川源流に近い安倍峠の麓に位置し、標高1000メートルの雄大 な山々に囲まれた静寂な自然環境の中にあります。
その歴史は古く、一説には約1700年前に遡るとも言われています。三人の狩人により発見された説、砂金取りにより発見された説、或いは、仙人が 三匹の蛇が遊んでいる泉を見つけて発見された説など、梅ヶ島温泉の発見にまつわる逸話が多数あります。  
戦国期には、信玄の隠し湯とも言われ、古くから美人づくりの湯と知られるこの温泉は、単純硫 黄温泉で、神経痛・関節痛・うちみ・痔・冷え性・疲労回復・皮膚病などに効能があり、ツルツルとした感触の良い温泉は清く澄み、時として黄金色に輝き、湯の花を浮かべ、長い間、湯治場として多くの人々に親しまれてきました。
昭和4年の大火、昭和41年の大水害等の苦難もありましたが、現在は旅館・民宿・土産物産など十数軒が軒を連ね、その歴史を今なお継承しています。
この地、「おゆのふるさと公園」は、昭和45年に開設した市営浴場が平成11年4月に梅ヶ島新田へ移転新築されたことに伴い、再整備したものです。梅ヶ島温泉の泉質を感じていただくお湯に触れる施設や湯之神社・岩風呂・湯滝等を回遊散策し、展望デッキからは梅ヶ島温泉街も一望でき、梅ヶ島の魅力を垣間見ることができます。』



次回は、梅ヶ島地区・「大谷崩れ」について

2008-06-05(Thu)

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!


(3) 接阻峡温泉:「森林露天風呂」

写054 接阻峡054駅舎真ん前に在る「森林露天風呂」という宿屋
(クリック大画面)



今夜の泊まり宿は「森林露天風呂」という、チョット変わった宿の名前であった。

県道よりやや奥まったところ、奥大井の「井川線」の主要駅である「接阻峡温泉駅」がある。半ば無人の鄙びた駅舎であるが、その駅の真ん前のチョット高目に「森林露天風呂」という宿があった。 宿の女将は、どうも、この駅の仮駅員をも兼ねているらしい・・。
これまた、駅の真ん前の宿専用駐車場に車を止めると、早速、二匹のコリーが出迎えてくれる。
ロッジ風建物の「森林露天風呂」は、客室がたったの三部屋という小じんまりとしたもので、おまけに当日(5月23日・平日)の客は我等のみで、貸切のようなものであった。
そして名前の通り、この界隈ただ1軒の「露天風呂付きの宿」が売りでもあった。

温泉は、男は若返りの湯、女は美人造りの湯とも呼ばれ、アルカリ性のツルツルとした湯が肌にマトワリついて実に爽快で気持ちいいのである。
お蔭で、お上さん(妻です・・、)と混浴しながら「到着の湯」、「食前の湯」、「就寝前の湯」、「寝起きの湯」と四回も浴びる羽目になったが・・、イヤハヤ実に爽快爽快・・!!。

女性の露天風呂からは大井川鉄道の駅舎やミニ列車が見え、遥かに温泉郷の山郷が見渡せるのである。
尚、接阻峡温泉・「森林露天風呂」の設備で日帰り入浴ができ、700円というのはチョット高め・・?だが、湯上がりに冷たいお茶を戴だけるのと駅前の立地のよさとで許せると思うが・・?、皆さん是非お出かけください・・。 チョット宿のC・Mでした・・。

(サムネイル写真は、クリックすると大きく見えるよ・・!。)
写046 接阻峡046接阻峡大橋より眺めた、高台を走る大井川鉄道・井川線の駅舎と宿屋(左上方)

写055 接阻峡055井川線の主要駅「接阻峡温泉」の駅舎

写054 接阻峡054駅舎真ん前に在る「森林露天風呂」という宿屋

写050 接阻峡050女性用内湯

写051 接阻峡051女性用露天風呂:井川線・駅舎や山里の展望が良い・・!!

写052 接阻峡052雰囲気のある男性用露天風呂、(早朝につき、まだ未使用)

写053 接阻峡053男性用内風呂、(早朝につき、まだ未使用)
2008-06-05(Thu)

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!

 接阻峡(2):「八橋小道ロマンスロード」

写043 接阻峡043宮沢吊橋から眺める接阻峡の集落
(クリック大画面)


接阻峡温泉の宿に入る前に、「八橋小道」と言われる散策路で一汗流した。
「接阻峡温泉駅」の長閑な集落に本年(2008年)3月、新しく遊歩道が開通したとの事・・。
接阻峡・・・、“接するのを阻む”が如く急峻な奥大井の峡谷であるが、こちらの「接阻峡温泉」の集落は、それを感じさせない長閑な風景が展開している。
現在の緑の季節もいいが、秋の紅葉シーズンは素晴らしいだろうな・・!、そんな閑静な集落にこの度、遊歩道・ハイキングコースが改良開通した。 名称は八橋小道、ラブロマンスロードと愛くるしい名前も付いている。
大井川のダム湖を挟んでこちら側の県道沿いと対岸の山腹、右側に「南アルプス接阻峡大吊り橋」と左に接阻峡大橋を挟み、ゆっくり歩いて一周約1時間のコースであった。

(サムネイル写真は、クリックすると大きく見えるよ・・!。)

30 接阻峡030対岸の朱色の「椿橋」と2段の滝
31 接阻峡031吊橋の全貌
32 接阻峡032南アルプス接阻峡大吊り橋
36 接阻峡036吊橋より・・、カヌーの練習風景
37 接阻峡037山腹に延びる遊歩道
38 接阻峡038良く整備された架設橋「栃の木橋」
39 接阻峡洒落た造りの太鼓橋「椿橋」
40 接阻峡040椿橋の正面
42 接阻峡042階段型の吊橋・「宮沢橋」
43 接阻峡043宮沢吊橋から眺める接阻峡の集落
47 接阻峡047大橋たもとの園地にあるコース案内板


この遊歩道・ハイキングコースのスタートポイントになるのが県道沿いにある「ふるさと民族資料館:やまびこ」やトイレハウスであろう、駐車場も完備してある。
因みに、資料館は川根本町の人々の山と暮らしの関わりを紹介する資料館で、かつて生活を支えてきた林業の大井川流送の風景や、地元の伝統芸能梅津神楽の様子などを、ビデオや人形、展示パネルなどで解説している。 農具や生活用品も陳列され、土地の人の暮らしぶりがうかがえる。2階には長島ダム周辺の動植物の標本を展示。
電話で周辺状況など教えてくれるかも・・?。℡ 0547-59-4031、入館料:200円


次回は、 接阻峡温泉「森林露天風呂」の案内です。
2008-06-05(Thu)

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!  (1) 接阻峡:「大井川鉄道・井川線」

 

初夏の「奥大井・接阻峡(せっそきょう)」を往く・・!!

 

(1) 接阻峡:「大井川鉄道・井川線」

(クリック大画面)

接阻峡013 アプト式鉄道の急勾配・90/1000を喘ぎながら昇る「井川線」。

静岡市の北部・・、国道362号は安倍川支流「藁科川」に沿って北上する。
初夏の行楽シーズンには観光客の通過も多い山峡の国道であり、この終着が御存知、SL重連で有名な大井川鉄道の「千頭駅」である。
この先から、山峡の美景を堪能できる大井川鉄道・井川線、愛称「南アルプスあぷとライン」が大井川峡谷を突き進んで行くのである。

因みに、「あぷとライン」、「アプト式鉄道」というのは・・?、
ヨーロッパの山岳国であるスイス人のアプト氏(1850~1933)が発明した特殊の鉄道から命名されたもので・・、急坂を上下する時、すべりを防ぐため軌道の中央に歯を刻んだレール(ラック‐レール)を設置し、動力車に取り付けた歯車とかみ合せながら進ませる鉄道である。
国内では、1893年から1963年まで国鉄・信越本線横川駅~軽井沢駅間で使用されていたのは周知であるが、 現在は、国内唯一・存在するのが、この大井川鉄道・井川線、愛称「南アルプスあぷとライン」のみなのである。

急流で知られる大井川界隈は、お茶と木材の産地である。 その昔、伐採木を谷に集めて堰を作って水を貯め、堰を壊してその水流で木材を運んだ「てっぽう」(川狩りとも言われる)の工法が知られている。(接阻峡温泉;民族資料館・やまびこ)
その水運による木材運搬に代わって登場したのが大井川鉄道であり、更に、上流の発電所建設のための資材運搬用のトロッコ鉄道が「あぷとライン」へと変遷したのである。

日本一の急勾配、日本唯一のアプト式鉄道は、接阻峡・長島ダムの建設に伴い従来の路線が水没するため付け替えられたものである。 このダムの高さまで一気に上がる必要から「アプトいちしろ駅」と「長島ダム駅」間が1000分の90という急勾配となりアプト式に変わったそうです。
その際、アプト式鉄道の路線は出来るだけトンネルは避け、美しい大井川峡谷やダム湖に沿って走る観光用としても配慮したそうで、素晴しい渓谷美が堪能出来るよう配慮されているとか・・。

ゆっくり進む山岳鉄道は、沿線の豊かな大自然を満喫できる


千頭駅の時計の写真が示すように、定刻の10時35分、アプト式列車は駅を出発したので、我等も後を追うように県道388号線を出発した。
下記写真は、列車を追いかけながら撮影したものです。

(クリックすると大写真が見れます)

003大井川鉄道・中継駅「千頭」。

P1010004千頭駅基地に待機するアプト式専用貨車。

接阻峡005寸又川に架かる鉄橋を渡る。(県道77の「八木橋」から観る)

接阻峡008「あぷといちしろ」~「ながしまだむ」間、大井川峡谷から・・・

接阻峡010「あぷといちしろ」~「ながしまだむ」間、トンネルを抜けるといよいよアプト式鉄路へ突入する。

接阻峡013急勾配・90/1000を喘ぎながら昇る。

接阻峡015アプト式昇りを終えて、「ながしまだむ駅」直前の平坦路。

接阻峡021ながしまダムを後方に、旧県道とクロスするアプト列車。

接阻峡023「接阻峡温泉駅」に到着、始発駅「千頭」より凡そ1時間余。 この手前には長島ダム・接阻湖のほぼ中央部、「奥大井湖上駅」という観光用の絶景地駅も在る。 

接阻峡025山峡の地・終着「井川駅」。 駅には小さなお土産売店と軽食堂が有るのみで、 周辺には人家は無し・・。 200m程下部に巨大な「井川ダム」がそそり立つ。

 

接阻峡は、次回に続きます・・。

 

 


FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代