2012-07-16(Mon)

南ア・鳳凰三山紀行(49) 「付記・概念南アルプス」

.




  南ア・鳳凰三山紀行(49) 「付記・概念南アルプス」  .




南アルプス北部の概念図  




最後に南アルプスについて、

南アルプスは、通称を赤石山脈とも呼ばれ、最も広義には、諏訪湖及びその周辺を頂点とし、東では釜無川と富士川、西では天竜川に挟まれた山地をさす。
この意味での赤石山脈は、いくつかの山脈の集合体という意味で、赤石山系とも呼ばれる。

南アルプスを源流とする河川は富士川、大井川、天竜川と三つの大河が流れている。
何れも太平洋、駿河湾の遠州灘に流れ込んでいるが、特に、天竜川は長野県の諏訪湖を源としていることは、余り知られていないようだ。
この湖から30kmほど南東、山梨県との県境・富士見高原(富士見町)でこの湖の集水域は終わっている。

次に、富士見高原から東に降った水域は、甲府盆地を潤す釜無川へ流れ込むことになる。
この釜無川、甲武信岳の直下に始まる笛吹川とは甲府の南であわさり、急流として名高い富士川と名を変え駿河湾まで駆け下る。
 
諏訪湖あたりを頂点としてこの両川を辺として描かれる鋭角な三角形、その中の一帯が急峻な3000メートル峰を並べた南アルプスと呼ばれている山岳地帯である。
筆頭は富士に続いて第二位の海抜を持った北岳の3192m(近年は3193mが一般的)。
この北岳の南には、間ノ岳があり、稜線はここで東西に枝分かれし南に連なっていく。二つの稜線の狭間に涌きでた一滴は、やがて駿河湾に注ぐ大井川の流れをつくりだしている。

南アルプスの峰々、アプローチによって北部、中部、南部の三域に分けることができ、北部は、甲府を起点とする山梨県から登る南アルプス、直下まで通じている南アルプススーパー林道の恩恵でアプローチに優れ、首都圏からでも1泊から2泊で出かけることが可能な地域である。
北端は、花崗岩と白ザレの甲斐駒ヶ岳、続いて、富士に次ぐ海抜点をもつ北岳、その南には間ノ岳、農鳥岳が連なり白峰三山の名がある。

北岳を取り巻く野呂川に隔てられた西側には、3つのカールを有した仙丈ヶ岳があって、甲斐駒とともに北沢峠より登山道が整備されている。
北沢峠には、伊那側からもバスが運行されていて、西からアプローチする登山者に利用されている。
北部のこれらのピークは、高さも景観も魅力たっぷりであり、かつ手軽に登れる高峰であって人気も高くシーズン中は常に混みあっている.
 
山脈中部域、間ノ岳で分かれ西側の稜線に並ぶの峰々は、天竜川の流れる伊那谷からのアプローチがよく、長野県側の南アルプスといえるだろう。
このあたりで魅力的で際立ったピークは塩見岳のみであって、他の山々は全山縦走の中継点といった感じである。
伊那谷を走る飯田線や中央道がアプローチに使え、三伏峠が縦走路の入口になる.
 
西側の稜線をさら南にたどれば、荒川三山、赤石岳、最南の3000メートル峰である聖岳まで起伏激しくピークが並んでいる。
このあたりの峰々は、大井川を遡って静岡県側から入山するのが普通である。
アプローチは、海岸線を走っている東海道線や東名高速などからはほど遠く、小屋も離れ離れでやや困難だから、北部の山々に比べ、訪問者は少なく静かな山域として残っている。

この先南には光岳を筆頭とした深南部と呼ばれる山々も続いているのであるが、これらはいっそうアプローチが悪い。
第4の山域である間ノ岳から別れた大井川東岸の稜線もあって、農鳥岳から南は白峰南嶺と呼ばれ、笹山、笊ケ岳、青薙山などいくつかのピークが存在しているのである。


北アルプスが、急峻な山容の山が多いのに対して、南アルプスは北部の甲斐駒ヶ岳~鋸岳一帯を除き、比較的なだらかな山容の山が多い。
これは、南アルプスが北アルプスより新しく隆起した山であるため、比較的浸食が進んでいないためだと考えられている。
ただ、北端の甲斐駒ヶ岳~鳳凰三山の連峰だけは花崗岩よりなり、山肌が真っ白で南アルプスの中では異彩を放っている。
また、氷河の痕跡である圏谷(カール)が、仙丈ヶ岳・間ノ岳・荒川岳などに見られる。


南アルプスの高峰は、九山の3,000m峰があり、10山が日本百名山に選定されている地域でも有る。


南アルプス・鳳凰三山紀行  終 .



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト
2012-07-16(Mon)

南ア・鳳凰三山紀行(49) 「付記・芦安温泉」

.





   
吉幾三:ふだん着の温泉   


  南ア・鳳凰三山紀行(49) 「付記・芦安温泉」   .




鄙びた安芦の部落
 


【芦安温泉】 
北岳をはじめ3,000m級の山々を有する南アルプスに囲まれた「山といで湯と清流の里」。市営施設をはじめ、旅館・民宿・ぺンションが全11施設。日帰りの温泉施設も3ヵ所ある。3月の渓流釣まつり、11月には紅葉まつりが開催される。特産品は、椎茸と地味噌の「笹味噌」がある。各宿泊施設では、岩魚や鱒などの川魚料理や季節の山菜・猪料理が味わえ、天然温泉に入ることができる。





【芦安温泉・岩園館】



芦安温泉・岩園館



源泉掛け流し温泉 山梨県 南アルプス市 芦安温泉 「岩園館」
〒400-0242 山梨県南アルプス市芦安安通588
Tel055-288-2005(代)Fax055-288-2222

「名湯芦安温泉長命の湯」
昔は医者がいなくて、この湯で病泉・けが等を治した歴史を継ぐ長命の名湯である。

源泉名 : 芦安温泉・岩園館
泉質 : ナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉(アルカリ性低張性高温泉)
温泉成分 : ナトリウムイオン、カルシウムイオン、塩素イオン、硫酸イオン、メタケイ酸
源泉温 : 43.7度(アルカリ性・PH9.26)
浴用の適応症 : 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばリ、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
飲用の適応症 : 慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風

【桃の木温泉】
南アルプスの大自然に囲まれた湯量豊富な桃の木温泉。地名の由来は、その昔地蔵ヶ岳で孝謙天皇が病気治療を祈願しての下山時に渓谷の中の平地に山桃の群生をご覧になったということから、桃の木平と呼ばれるようになったという。南アルプス、夜叉神峠、白鳳渓谷など登山・ハイキングの起点としても人気。春夏秋冬の大自然を身近に感じることが出来る。



次回、 「付記・南アルプス




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」



2012-07-14(Sat)

南ア・鳳凰三山紀行(48) 「山よさよなら」

.




南ア・鳳凰三山紀行(48) 「山よさよなら」 .




鳳凰山塊マップ、コース、タイム(クリック拡大





青木鉱泉からドンドコ沢と中道コース(薬師岳へ)の登山口




芦安温泉へ向けて峠を下る。

峠からの最終最後の下りは意外と急坂で、くたびれ果てた脚部に情け容赦なくのしかかる。
それでも、このコースは一般人気のハイキングコースだけあって、道幅は広く、よく整備されていて歩きやすいのが救いである。

夜叉神トンネル手前まで、九十九折(つづらおり)になって登ってきているスーパー林道に出たところがバス停の夜叉神の森、夜叉神峠登山口であった。
偶々、広河原から芦安往きのバスがきたので、ラッキーとばかり乗り込む。


『 山よさよなら ご機嫌よろしゅう
又来るときには 笑ろうておくれ
 』


長い長い道中の末、南アルプスの芦安温泉・岩園館へ着いたのが陽も大分傾いた夕刻の刻限であった。

苦しくも楽しかった垢や汗を温泉で流し、冷たいビールを飲み干すとき「してやったり」の満足感、充実感の万感が全身を被う。


『 登山の達成は、下山が完了してからを云う 』




概略歩行時間 .

御座石⇒45分 西の平⇒50分  旭岳⇒50分 燕頭山⇒100分 鳳凰小屋⇒50分  地蔵岳賽の河原⇒10分 地蔵岳⇒15分 赤抜け沢頭⇒35分 鳳凰小屋(泊)

鳳凰小屋⇒60分 尾根分岐⇒40分 観音岳35分 薬師岳⇒10分 薬師小屋⇒70分 南御室小屋⇒40分 苺平⇒90分 杖立峠⇒80分 夜叉神峠⇒45分 夜叉神の森⇒バス 芦安温泉・岩園館   




次回、 「付記・芦安温泉




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」









2012-07-13(Fri)

南ア・鳳凰三山紀行(47) 「夜叉神」

.




南ア・鳳凰三山紀行(47) 「夜叉神」 .




夜叉神峠標識



夜叉神小屋



夜叉神峠登山口



夜叉神峠は、峠から日本有数の山岳・白峰三山の展望を楽しむ一方、鳳凰三山縦走路の際の薬師岳側からの入山口として利用される。
夜叉神の登山口(約1380m)から夜叉神峠(1770m)までの標高差400m弱の登高で、白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の好眺望に恵まれることでハイシーズンは多くのハイカー、登山者で賑う場所なのある。


峠の山上は爽々として心地よいところだが、裏腹に「夜叉神」という名は、チョイトおどろおどろしい雰囲気が漂っている。
その名の由来について古い言い伝えによると、この辺りに住んでいて度々悪事をした「悪い神様」を祀ってある事からその名前が付いたとのこと。
その辺りの村人たちは、この「夜叉神」の祟りを恐れ、谷を一目で見渡せる峠の上に、
石の祠(ほこら)を建てて手厚く祀まつりしたところ夜叉神の祟りも少なくなり、村も豊かになり、いつかその峠を『夜叉神峠』と呼ぶようになったということである。


夜叉神峠は、首都圏からハイキングコースとしても有名で、北岳や白峰三山の展望地としても良く知られている人気の観光地でもある。
夜叉神峠(1770㍍)は、西に南アルプス連嶺が北から南へ延びている。
正面に間ノ岳(3189㍍)、右手(北)に北岳(3193㍍)が日本で2番目に高い峰を見せ、間の岳の南に西農鳥岳(3050㍍)と農鳥岳(3026㍍)が連なる。
夜叉神峠と南ア連嶺の間は深い谷になっていて、大小無数の沢谷の水を集めた野呂川と早川の急流が南へ流れ、身延で富士川に合流して駿河湾に注いでいる。

鳳凰山の道はここで北の薬師、観音、地蔵へ上る道と、西の野呂川へ一旦下りて北岳・間の岳の登山口 広河原へ行く道に別れる。
いまは芦安・広河原間に南アルプス林道が開通しバスやタクシーで行けるようになり、夜叉神峠小屋(定員15人)の峠茶屋としての役割は軽くなったといえる。


夜叉神峠小屋の前は、三々五々休憩できるテーブルやベンチがあり、絶好の休憩スポットである。




【夜叉神峠小屋情報】

場  所  夜叉神峠山頂 標高1,790メートル
収容人員  15人
開設予定期間  4月末~11月中旬、(週末中心・下記期間を除く)7月中旬~8月末日は毎日開設)、年末年始
連 絡 先  TEL:055-288-2402(角田英司)
宿泊料金  【1泊2食】6,500円(~6月30日)、7,500円(7月1日~)、【寝具付素泊】4,500円、【寝具無素泊】3,500円
幕営張数・料金  15張・500円/1人
水  場  あり(往復30分) ※小屋に水はなし






次回、 「山よさよなら







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






2012-07-12(Thu)

南ア・鳳凰三山紀行(46) 「夜叉神峠」

.




南ア・鳳凰三山紀行(46) 「夜叉神峠」 .




夜叉神峠



小休止して、いよいよ最後の下りである。
杖立峠の標高が2177m、夜叉神峠が1770mで、峠までの標高差が400mの降りである。


右の杖立山・・?、と大崖頭山の鞍部を抜けると、またまた大下りがが始まった。
気がつくと、左斜面は名前のとおり大きな崩壊薙ぎが口を開けていて、不気味な様相である。

三山からの長道中の下りで、脚部は相当に疲労している模様だが、まだ大丈夫。
弱いと思われる左脚部を出来るだけカバーしながら、慎重に、丁寧に、それでもピッチはソコソコにあげながら、ぐんぐん降る。


西側は樹林越しに白峰三山が見えて居るが、すっきりと見える所はほとんど無い。
それでも木立越しの景色は、白峰三山方向はガスが昇り、稜線がかすかにではあるが見える程度ではある。

ダケカンバやシラビソ、コメツガなどの常緑樹が主だったが、落葉樹も点々混じってきて、所謂、混成林の山相に変わってきている。
登山道は概ね尾根稜の西側に付けられていて、東側の尾根筋がコンモリと高目になっているので見通しはない。


大崖頭山(杖立峠)から夜叉神峠へ向う登山道は、幾つか木の根を踏んで降りるような急坂ではあるが、さすが人気の鳳凰三山の縦走路というだけあって整備されて比較的歩き易い。 
しかし、何しろ長丁場ではある。

それでも次第に緩い斜面になってきて、土の道になってきて歩きやすく脚部には安心である。
1時間少々の下りの途、最後に南に向かってクマザサの中をいったんゆるく登る。
だが、夜叉神峠へは少しの上りではあるが、さすがにここへ来てからの登りは、正直相当きつかった。


そして、ようように夜叉神峠に到着。
正面には高谷山(1842m)のこんもりした山塊が覗える。 そう、その途中の山中には夜叉神トンネルが抜けていて、南アルプススーパー林道が北岳の麓である広河原まで延びている。



次回、 「夜叉神




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代