2008-06-14(Sat)

八ヶ岳:越年登山 (3)

「山」に関する過去の雑記、メモを整理しながらブログに投稿しております。お茶など出ませんが、同じ趣味、興味のある方は立寄って御覧ください・・、現在と比較しながら眺めるのも一興でしょう・・。

『旅の記憶』・・「八ヶ岳:越年登山」(3)

この「山ノ神」からは北沢の河原伝いを歩くことになる。

北沢と横岳
北沢と横岳

「奥山の 谷間の梅の 木がくれに 水泡とばして ゆく水の音」

と島木赤彦(明治、大正期の地元・諏訪出身の歌人)が詠んでいるが、元よりこの辺りは瀬音激しく流れ落ちる渓流である。 今は「白氷」の時期であり、雪と氷に閉ざされた無垢の世界である。
普通なら、この辺りは既にアイゼンやピッケルが必要な世界であろうが、往来が結構あるのだろう・・、山道は鮮明にして踏み跡もしっかりしている。

周囲を見渡すと、さすがに山懐に入ってきたという感じで、谷筋も深く険しい様相を呈してきている。 ただ正面展望も利くようになり、右手に「美濃戸中山」の優雅な山容、その遥か奥まった所に陰惨な横岳の岩稜から硫黄岳の稜線が望まれるようになった。

河原に渡してある丸太を組合わせて設えた「丸太橋」を、危なっかしい足取りで数回渡る。
遥か上方には抉(えぐ)り取られた様な平坦な台地状のエリアが見渡せる、あの辺りが取り敢えずの目的地・赤岳鉱泉に違いないと、勝手に想像を膨らまして更に前進する。
「鉱泉までどれぐらいですかね?」下りてきた登山者に質問してみると頼りなげに「う~ん30分ぐらいかなあ」という返答が返ってくる。「あの辺りが鉱泉ですか・・?」と指差して更に聞いてみると「ああ、そうかもしれませんね・・?」とこれまた頼りない。 下ってきた人には、上りの時間はよく判らないものかもしれない・・。それとも、」冬山登山者はあまり挨拶を交わさないのであろうか・・?。単独者であり、個人的な自分の山歩きを大事にしているのかもしれない。

だんだんと、確実に、積雪も深さを増しているようであり、既に、この辺りで歩道の両横は膝から膝上まで達しているようである。 
「そろそろアイゼン付けようか・・?」、相棒にそれとなく聞いてみると、「否、何とか行けるだろう・・、小屋も近そうだし・・」と返してきた。 そうなのである、ニッカズボンに時おり、脇の雪が触れるくらいで、特にスリップなどの心配はなさそうである。 
思えば、急斜面でも上りは比較的安定して登れるものである。 新調した12本歯のアイゼンは未だ新調のままである・・。
それにしても、「高山の冬山」という未知のエリアに向かっている実感が、靴底から伝わってくるのである。 高度を増すごとに、雪の量も次第に深さを増してきている、ただ、有り難い事に、上空は一点の雲も無く、晴れ渡っていることは何よりである・・!。

黙々と歩を進めるうち、大小の色とりどりのテントの林が飛び込んできた。その奥まったところに堂々とした山小屋があった、待望の「赤岳鉱泉」である。
見上げると正面にギザギザした「横岳」稜線に異彩を放っているのが「大同心」とかいう岩峰で、鋭く天を指していた。雪を被って、更に陰影が鮮やかなためか圧倒されるほどの凄い迫力である。 明日は、あの尾根へ取り付く予定であるが、果たして・・。

時に正午を半分ほど回っていた。 本日はこちらで厄介になるのである・・。
早速、陣を取った・・、215号室、二階の15番目の個室の部屋であった。 思えば、槍(北アルプス・槍ヶ岳)の肩の小屋に似ているようにも思ったが・・、かなりデラックスな感じである。 棟は4棟あって、廊下ごしに各部屋がある。 自炊はこの廊下で行なうらしい、部屋からドア一枚隔てただけで真に便利である。
昼時なのでコーヒーを沸かし、ウイスキーを流し込みながら持参した菓子パンを齧(かじ)った。 後は、昨夜の寝不足もあり、アルコールも身体に回ってきて自然に眠りについてしまった。

鉱泉より横岳
鉱泉より横岳

気がついて・・、目覚まし代わりに小屋周辺を散策してみた。
小屋の出入り口に数人佇んでいたが人気はそれだけで、周辺は静寂な白の世界が広がっている。 吹き溜まりには1m程度の積雪があっただろうか・・?、雪の状況など小屋の人に伺うと、それでも今年は例年並みらしい・・。
小屋へ戻ると次には夕餉の支度である。 明日のアタックに先駆けて、持参した焼肉でスタミナをつける。併せて、ビールと熱燗の合わせ酒にボンカレー、二人きりの小さな個室であるが、余計な会話は不必要なくらい山の雰囲気をも充分に味わい、すっかり身も心も満足であった。
後は、明日の幸運を祈りながら夜の眠りに就いた。

次回に続きます・・、



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   九州旅行2008   沖縄旅行2008   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   
「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   北ア・槍-穂高(1968年)   上高地・明神(2008年)   南ア・北岳(1969年)   八ヶ岳(1966年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   奥秩父・金峰山(1972)   

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代