2010-08-25(Wed)

穂高岳登山(10) 「重太郎新道;下山者」

.


 穂高岳登山(10) 「重太郎新道;下山者」 
(画像の大部分は和田氏提供による、現地イメージ写真です)



岩の小さな尾根を右へ横切ると猫の額ほどのテラス(水平のスペース)があったので小休止しながら雨具を装着する。 
降雨は余り激しくはないが風に伴って吹き付けてくる。 
冷たい雨で、やはり高所と季節柄でもあろう。


小さなテラスをほんの少々行くとまたまた、絶壁を攀じるようになる。
この辺りは崩れた岩くずの浮石が多いところだ・・!、
ステップと落石に充分注意しなくてはならない。 

岩肌が濡れて冷たく感じるので軍手を付ける。 
四つん這いで、体調と自問自答しながら、慎重に慎重に登る、攀じる。 


今のところコンデションはまずまずであり、自分のペースで地味にではあるが一歩一歩確実に進む。 
進まなければ目的地には達しないのである。 

当たり前であるが3000m近い高峰で、時節的にも風雨が冷たく、体力も限界に達したとき、その一歩一歩がままならず、所謂、疲労困憊による行き倒れ・・!!、

何てことも起こりうるのである。 心して進まなければならない。



dh22-2  岩場に取り付く登山者
dh22-2  岩場に取り付く登山者



この頃より下山の人達がチラホラ見え出した。 いずれの人々も雨具をがっちりと装着している。 
やはり、上部は荒れ模様である事が覗われる。


やや、歩きやすいコースに出たとき、女性を含む数人のパーティとクサリ・ハシゴ場のところですれ違うことになった。
全員が下り降りるのを待って・・、

「こんちは、 お疲れさん」 

「おはようございます」と朝とも昼ともつない挨拶を交わす。


仲間同士で懐かしい訛(なまり)の会話が聞こえたので、チョッと話しかけてみた。

吊尾根、稜線までは未だかなりありますか・・?」

「そうだね、我等はここまで凡そ30分程かかっておりますのでね・・!」

「ははーー、ところで、懐かしい言葉訛が聞こえたが、どちらからですか・・?」

「俺らげ・・?、茨城は日立からだ」

「ああ、やっぱし、 わだしは今は神奈川に住んでけっど、出身は“いわき”です」

「ああー、いわきと日立だったら隣町(となりまぢ)みでなもんだね」

「んだね・・、ところで今朝は穂高小屋からげ・・?」

「んだ、 出たのは7時っころがな」

吊尾根では、やっぱし吹かれたげ・・?」

「んだな、奥穂まではマアマア静かだったけど、吊尾根の途中がら降ってきたね」

「いろいろどうも、下りは危なっかしいどころがいっぱいあっがら気をつけて」

「ああどうも、登りも結構急などころが有るんで気をつけて、そいじゃ・・、」

お互いに一息入れて、出発である。



ゴツゴツした岩の登り、ザクザクとしたガラ場の歩き、いずれにしてもかなりの急斜面で胸付き八丁の登行であり、相当なアルバイトを強いられる。


ところで、この穂高名物・重太郎新道は「北アルプス三大急登」の一つとも言われる。 
他のアルプス急坂は、中房温泉から燕岳の“合戦尾根”、信濃大町から烏帽子岳の“ブナ立尾根”と言われるが、岩稜の急登、急降下はこちらの岳沢・穂高ルートの重太郎新道がダントツではなかろうか・・?、 

尤も、「三大○○」というのは、規定や規約の取り決めで決まるものではなく、“おらがのところが、日本の三大○○だべ・・”と、勝手に自称で名乗っている場合もあるようだ。
北アルプス三大急登は他にも、笠ヶ岳の笠新道なども上げられる。


因みに、小生の知る関東周辺の名だたる山岳地の急坂は、北ア・烏帽子岳へのブナ立尾根、南アルプス・赤石岳の椹島(さわらじま)コース・高度差にして1500m以上、同じく南アの甲斐駒ヶ岳への黒戸尾根、谷川岳への西黒尾根や鳳凰三山の御座石鉱泉から尾根道の鳳凰山(地蔵岳)へ至る道であろう。
身近なところでは、丹沢山塊の塔ノ岳 (1491m)へ至る大倉尾根で、ベースの大倉(290m)から1200mの高低差を延々と上り、通称「バカ尾根」でも知られる。


いずれにしても、疲れきった身体での岩場の上り下りには、クレグレも要注意で慎重さを要求される。

次回へ・・、


尚、今後の写真掲載の大部は、「和田様」の御提供によるものです。
和田氏ホームページへ  
http://www.tok2.com/home/pokopoko110/newpage172.html



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   九州旅行2008   沖縄旅行2008   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   
「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   北ア・槍-穂高(1968年)   上高地・岳沢・穂高(1979年)   上高地・明神(2008年)   南ア・北岳(1969年)   八ヶ岳(1966年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   奥秩父・金峰山(1972)   

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」

《スキー履歴》
「スキー履歴」


.
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代