2010-09-04(Sat)

穂高岳登山(19) 「吊尾根へ」

.


 穂高岳登山(19) 「吊尾根へ」 
(画像は和田氏、その他の御提供による、現地イメージ写真です)


紀美子平を過ぎると間もなく巨大な山稜に突き当たる。  
×印を避けて、大きな字で“オクホタカ”と記したの方向へ進む。




オクホタカへの道案内:dh48



気がつくと女性は素手であった。 
この岩稜帯をしかも風雨に晒されて、かなり冷たく感じているのではなかろうか.・・?。 

「素手で大丈夫ですか・・?」

「ええ、何とか。 ザックの中にはあるのですがチョッと出すのが大変そうで、ハイ」

尤も、小生も付けてはいるが、既に濡れている状態で、こうなると余り変わらんか・・?。





吊尾根の道:dh46




急峻な吊尾根の道は、岩をヘツルように付いている:dh43




吊尾根の道、分岐点(上方に記してある):dh45




朽ちかけた分岐標識:dh47



大岩の、やや難渋な箇所から、ほぼ水平の岩道を辿ると「最低のコル・分岐」と古めかしい表示板があった。

最低のコル”は多分、吊尾根の最低鞍部と考えられるが、“分岐点”とは如何なる分岐なのか・・?、 と一瞬思ったが、
ここは前穂への直登するルート紀美子平、岳沢方面との分岐のことであった。


風雨は益々、強くなるばかりである。


この先、本格的な奥穂、前穂の吊尾根のコースとなるが、物の本によると ”吊尾根はほぼ水平のダラダラとし歩きやすい道程” とある。 

だが、先年このコースを奥穂からの逆のルートで、しかもその日は快晴無風、しかもほとんどが下り気味の道であったのを記憶している。 

それに、高度3000mの岩尾根稜線はやはり険しい・・!!。 

道は殆どが岳沢側に付いていて、小さな尾根や凹凸が幾つもあり、その都度、危険を冒して岩稜をトラバースようになる。 


叉、途中で何箇所か涸れ沢側ヘツル(険しい斜面を横切って進むこと,登山用語で言うとトラバースと同義)ようになり、この涸沢の大絶壁に恐怖を覚えたのを思い起こす。


この度はあの日とは正反対の悪条件が全て当てはまっている。 
心して行かねばならない。


ともあれ、油断無く、吊尾根ルートから奥穂へ急いだ。 
とは言っても実際、そんなに急げる訳ではないが・・?。

今回の登山に限って、“ 天はわれらを歓迎していないようだ・・! ”。


かの女性は相変わらず黙々と付いて来る。 
小生とは或る一定間隔をもって、付かず離れづの等間距離にて、危険な箇所も難なくクリアしながら。

この女性は・・、

“何処から来たのであろう・・?”、 

“如何なる素性か・・?” 

“名前は・・?” 

“登山歴は・・” などなど。

等々、日常的な会話をしてみたいものだが、何せこの環境、条件である。 

そして何より小生の口元が締まったままで、開かないのだ。 

やはり疲れているのだろう。 

女性自身も所謂、今現在は同じような状況で、沈気気味のようだ。

続く・・、


尚、写真掲載の大部は、「和田様」の御提供によるものです。
和田氏ホームページへ  
http://www.tok2.com/home/pokopoko110/newpage172.html



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   九州旅行2008   沖縄旅行2008   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   
「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   北ア・槍-穂高(1968年)   上高地・岳沢・穂高(1979年)   上高地・明神(2008年)   南ア・北岳(1969年)   八ヶ岳(1966年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   奥秩父・金峰山(1972)   

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代