2011-06-17(Fri)

尾瀬紀行(12)尾瀬 「三平峠」

.



 尾瀬紀行(12)尾瀬 「三平峠」   、






五月初旬の三平峠と三平からの燧ケ岳



ジグザグの登山道をやっとのことで登り、周囲の風景が見えるようになったら急な登りは終わりで、そこからは樹林帯の中をなだらかに登る木道となり、その先に三平峠の頂上があった。

三平峠は、峠といっても針葉樹であるオオシラビソなどの深い森の中にあり、地図の看板とベンチがあるくらいで、峠らしい展望はない。
標高が1,762mあり、スタート地点の大清水が1190mであるから、凡そ570m標高を上げたことになる。 

登山時間は標準タイムでも2時間半の道のりだから、一山登ったと同じ様なものだろう。
従って、こちら大清水から三平峠を経て尾瀬沼に入るコースは、尾瀬周辺でも比較的辛いコースとなっているのが実情である。
だが、尾瀬沼へ到る三平峠(1762m)への苦しい登りはここまでである。


峠には、群馬県尾瀬憲章の看板があり、次のように記してあった。

一 尾瀬を訪れる人は、その自然を愛そう。
一 尾瀬に接する人は、その利用に責任を持とう。
一 尾瀬を尊ぶ人は、その景観を破かいから守ろう。
一 尾瀬に親しむ人は、その豊かな恵みに感謝しよう。
一 尾瀬に誇りを持つ人は、その美しさを後世に伝えよう。

尾瀬を後世に伝えることは、群馬県民あげての願いであろうが、全国の自然を愛する者の願いでもある。


半分雪に埋もれた木道の両脇にはベンチが設えてある。 
誰かが払ってくれたのだろう、半分雪に埋もれたベンチも表面は綺麗に装っている。 
ここで息を整えるべく一時の休息をとる。 

今は人っ子一人いない静寂の中で、遠く遠慮がちに小鳥の声が、“チチチチ・・・、”と聞こえてくるのみである。



ここ三平峠、そして福島県側の沼山峠は昔から尾瀬に入る交通の要所で、三平峠は古くは尾瀬峠と呼ばれていたらしい。 
幕末、この峠道は会津と沼田を結ぶために沼田街道と呼ばれ、戊辰戦争では会津藩などの東軍は檜枝岐の人々を道案内として峠付近を探索し、西軍(官軍)に戦いを挑んだといわれている。
ただ、何時、何の理由で三平峠という名称に変わったかは定かでない。

次回、「尾瀬沼



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代