2011-07-05(Tue)

尾瀬紀行(25)燧ケ岳 「燧ヶ岳神社・・?」

.



 尾瀬紀行(25)燧ケ岳 「燧ヶ岳神社・・?」  ,



尚、「燧ケ岳」の山名の由来について、『新日本山岳誌』よると・・、(要旨)

『 福島県と群馬県の境界線は尾瀬沼を通っているが、藩政時代も境界争いが絶えなかったため、元禄11年(1698年)6月2日に沼田領土出村と会津領檜枝岐の山守や名主が境界を尾瀬沼と定めたと古書にある。 そのため古来、尾瀬沼を「さかひ沼」とも呼んだ。 
沼田街道筋は檜枝岐村の草創のころからあったと思われ、平安時代の村の記録にもあることから隣国との境界争いが長い間つづき、現在でも取水計画が問題となっている。 (中略) 雄大な山姿は古くから燧大権現として崇められ、星家に伝わる『家寳記』(家宝記)巻十三によれば次のようにあり、本村内の愛宕神社境内に社殿を建立して現在に至っていることが分かる。 「燧大権現 有会津郡檜枝俣山 是ハ燧嶽ノ頂ニ天長九年壬子「葛木一言主命」ヲ祭村民為鎮守」 天長九年壬子は832年にあたり、駒形大明神は弘仁七丙甲(816年)に鎮守崇神と同書にあるので平安時代初期に両山は開山されていたことを知ることができる。 近年になって平野長蔵は1889年8月20日に俎に登頂し、同年9月24日に石祠を建立した。 平野長蔵は神官の資格を得て、自ら神事を司った。 』 

と記されている。


ただ、山頂石祠は檜枝岐本村に祭られている燧ヶ岳神社の奥の院としたとあるが、檜枝岐には燧ヶ岳神社はどうしても見当たらず、本村には檜枝岐歌舞伎でも有名な愛宕神社が鎮座するのみのようだ。 

燧ヶ岳神社は、火を噴く山であったことから火打ち山ともいわれ、火を鎮めるために社でもあり、このことは愛宕神社の由来由緒も同様の意味をもつ。 

或は、燧ヶ岳神社と愛宕神社は、名前を替えた同一神社ではないか・・??。


尚、「燧ヶ岳」は、凡そ500年前にも噴火した若い火山といわれる。 
この時、檜枝俣の七入地区あたりには影響を及ぼしたとされているが、燧ヶ岳の溶岩ドームはたいへん穏やかに出現したらしく,その為か麓の檜枝岐そのものには損害らしいものなく、噴火の模様を書いた古記録なども存在しないという。 
500年前というのは16世紀で、室町期の末期から戦国時代に当る。

実際の激烈噴火の年代は地質学的に云えば凡そ8,000年前頃とされ、この時、山体崩壊を起こして尾瀬沼や尾瀬ヶ原が生成されたとされている。



真正面にのびやかな会津駒の山容が実に堂々として良い。
そして、すぐ隣に見えている同じようなピークである柴安は、頂上の外輪山系では最も標高があり、所謂、燧ヶ岳の標高はこのピークを指す。(俎板より10メートルほど高い) 

俎板から柴安へは緩やかな下り、そして上りがあってピークに立つと、何より尾瀬ヶ原と至仏山の展望が壮大で美しい。 

眼下には尾瀬沼の全貌をはじめ日光連山、奥鬼怒から連なる帝釈山塊、那須連峰、会津駒、平ヶ岳、巻機山、谷川連峰から武尊山等360度の眺望が楽しめる。 


思えば、深田久弥氏が私的に定めた「日本100名山」の山容が、この周囲に10指余り目にすることができるのである。 

山の頂上は周囲の山を眺める「展望台」とも言われるが、正にこの地は其の通りで、眼前の山塊から遥かな山並みまで、一面の画像に例えるなら驚嘆するほどの立体画像としても捉えられ筈である。

眺望を満喫した後は、北側のルートから一路下山を辿ることになる。


次回、「燧ケ岳・下山




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代