--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-08(Fri)

尾瀬紀行(28)燧ケ岳  「広沢田代」

.




 尾瀬紀行(28)燧ケ岳 「広沢田代」  ,






広々としたその名も「広沢田代」、正面の山稜は大杉岳




次第に透明度が増してきた天空は見通しも良く、燧ヶ岳の迫上がりも湿原全体も全て見通すことができる。
だが、地表は何せ全ては雪ノ下である。 
次回こそ本当の湿原を見に再びやってくることを心に決めた。

 
この木道が下りついたところは熊沢田代の最低鞍部であり、その後は下山ながら再び、僅かではあるが上っていく形になっている。 
階段状の雪面を一歩一歩進む。 
アイゼンは既に熊沢田代で脱いでいる。 

長時間の登行で身体はすっかり疲れているようであり、緩い上りであるがかなりハードに感じる。 
左脚がピクピクしはじまっていて、関節痛の危険信号を発しているようだ。

なだらかなピークを過ぎると再び樹林帯の急峻な下りとなる。 
ここへきて再びアイゼンを着用しようか思案したが、ママヨこのまま下ることにする。


シラビソやコメツガ、ダケカンバの潅木帯の中にアズマシャクナゲが密生している。 

見下ろすと、林の合間から大きな池塘が幾つもある広沢田代がぽっかりと森の台地に広がっているのが見える。 

左の下方には既に登山道の左側からは裏燧の小沢平方面や奥まで長い御池田代や上田代も良く確認出来、下田代も姿を現している。

併せて、平ヶ岳の向こうには、越後駒ヶ岳や中ノ岳が見えているが、その右に大きくギザギザな峰を見せているのは荒沢岳だろう、所謂、越後三山である。


樹林帯の急坂を抜けると正面に再び白の原野が広がった。 広沢田代(標高1,756m)である。

広沢田代は熊沢田代よりは規模は小さいが、大小の池塘が数多く、高層湿原の植物が豊富なことでも知られる。 
今は無論、雪の下であるが、よくよく見ると水ッ気を含んだ黒ずんだ部分が染み出ていてそれらしい姿を見せている。

こちらも中央部に休憩エリアがあるらしく、案内標柱が広沢田代を示している。 
通過するのは勿体無い気もするので、取り敢えず小休止をする。

すぐ眼前は大杉岳であろう、そこからなだらかに派生してい会津駒に達している。 
明日、体調が良ければ会津駒を往復する予定であるが、左足がチョット、ビビリつつあるので明日の状態によってであろう。 


次回は、「尾瀬の湿原



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。