2011-07-11(Mon)

尾瀬紀行(31)裏燧ケ岳 「尾瀬・御池」

.



 尾瀬紀行(31)裏燧ケ岳 「尾瀬・御池」   、





御池側から見る雪の燧ケ岳




さて、広沢田代の湿原から一気に御池まで下ることにしよう。 
木道階段をしばらく下ると、今度は石や木の根がはみ出しているゴツゴツとしたクサッタ雪面の悪路を辿る。

この頃になって、やはりというか左の膝関節がガクガクと「笑い始め」、やや痛みが感じ出した。 
これはヤバイ・・!。
願わくば明日予定の「会津駒」の登行に、影響が出ないように祈るばかりである。


ところで、「膝が笑う」とは足(脚)が疲れて、力が入らずに、がくがく震えている状態が、笑ってヒクヒクしている状態に似ているからである。 

長時間歩くなどして膝のお皿の筋肉の疲労が蓄積し、膝がガクガクしてバランスを維持できなった状態を「膝が笑う」と言う。  

“膝に笑われないのが上手な登山者といえるかも・・?”

「そろそろ膝がトシちゃんになってきた。ガクガクや。」(田原俊彦)

これは登山用語のうちの一種の慣用語、俗語で、他にも「顎を出す」は、登りで、荷物が重かったり道が急などで疲れて、呼吸が苦しくなり、顎が前に出た姿勢になってしまうこと。

尚、「きじうち」は、男性が野山でする小便のことで、女性は「お花を摘む」という。 
「大キジうち」は大便のこと。



一時して、燧ヶ岳へ4.5キロの標識が現れ、更に、木道を100mほど行くと待望の御池ロッジに到着した。 
永かった1日がようやく終わろうとしている。


御池ロッジは湿原とブナ林に囲まれた静寂な地、大自然に包まれた山小屋であるが、今だ真新しいコンクリート造りのホテルのような山小屋・・?であった。
丁度、国道352号沿いにあって、ここまで田島や会津高原尾瀬口駅より、凡そ2時間掛けてバスが来ているのである。 

時節ともなると、乗合バスは更に尾瀬沼の近く「沼山峠」まで届いている。
いずれにしても尾瀬入山の基地で、尾瀬沼や日本百名山・「燧ヶ岳」に最も近い宿泊場所といえるだろう。

施設の裏側には湿原が広がり、水芭蕉やニッコウキスゲ等の高山植物が咲き、朝の散歩や散策が楽しめるようだ。
また、当施設には「尾瀬ブナの森ミュージアム」が併設されており、尾瀬の自然の豊かをさを知ることができる。(御池ロッジ)


次回、「御池ロッジ




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代