2011-07-29(Fri)

尾瀬紀行(46)尾瀬ヶ原 「温泉小屋」

.



 尾瀬紀行(46)尾瀬ヶ原 「温泉小屋」  ,




さて、この後、尾瀬ヶ原の一角である温泉小屋、赤田代に向うのである。
平滑ノ滝展望台からは早速、急な木製階段を上ることになる。 
次に、大きな岩の間を抜けるような道に変わる。

相変わらず、雪道とはいえ木の根が所々で張り出しており、つまずかないように気を付けながら歩く。 
後は赤田代に向かって次第に上ってゆく。

これから先は、穏やかなブナを主体とした広葉樹の森となり、道も大きな起伏もなく歩きやすい木道になっている。


凡そ20分、約1km、よう様にして尾瀬ケ原の赤田代地区に出た。 
林から抜けるといきなり小屋が現われた。 
山小屋は尾瀬でもめずらしい温泉に浸かれる元湯山荘や温泉小屋が並ぶ。
しかし、両小屋共冬季の休業のままで、周囲は閑散としていた。


この辺りは未だ60~70センチの積雪があり、特に、小屋の北側は屋根からの落雪もあって、小山のように大量の雪が積もり上がっている。

温泉小屋の従業員らしい人が二人いて、小屋の様子の見回りか下見に来ていたらしい。
小屋の外には見晴らしのいいベンチ休憩所らしいのが既に開かれていて、ザックを下ろして久しく大休止をとる。

お昼に近い時間帯でもあり、周辺の雪を溶かし込んで水を作り、持参してきたインスタント・ラーメンと菓子パンを食す。 
御池ロッジより購入して、はるばる運んできたビールが火照った身体にしみこむ。
喉も身体も久しぶりに人心地がついた。 



気が付くと左足の関節痛もたいしたことは無さそうで一安心である。
小屋の人に何気なく話しかけてみた・・、

こんちわ、小屋の下見ですか・・?」

まあ、そんなところだわ。 何処を回って来なすった

昨日、大清水から燧を越えて、今日は御池より裏燧を回って来ました。 ところで、今年の雪はどうですか・・?」

おお、それは難儀だったね。 雪はいつものとおり、平年並みやろ。 これから一気に溶け出すでね

はあ、小屋が開くのは何時頃からですか・・?。」

何時ものことで、20日(5月)過ぎになるじゃろうかね


次回、 「尾瀬ヶ原の温泉



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代