2011-08-02(Tue)

尾瀬紀行(49)尾瀬ヶ原 「見晴十字路」

.



 尾瀬紀行(49)尾瀬ヶ原 「見晴十字路」  ,




見晴(下田代)付近から景鶴山、与作岳方面


見晴から、こちらは至仏山



山小屋が並ぶ見晴十字路



赤田代から見晴へむかう道中は青空の天井、両脇に至仏山と燧ケ岳、見渡す限り白い雪、雪、雪の原、その名の通り見晴らしが満喫できるところである。


暫く進むと前方に、赤田代分岐(東電小屋分岐)と2ヶ所のベンチが見えてきた。
このまま進むと東電小屋に至るが、小生は無論、東電小屋方面に曲がらず直進して、平坦な道跡を進む。 


やがて踏み跡は見晴(下田代)に向かう段差に差し掛かる。
赤田代が尾瀬ヶ原の北端とすれば、この辺りは尾瀬ヶ原の東端部分でもあり、燧ケ岳の山裾、山麓でもある。 
従って、道は全くの平坦ではなく上下に変化をしていて、見晴らしのほうがやや、低めになっている。

白銀の原っぱの一角に、背丈の高い「三本のオオシラビソ」の常緑樹木が行儀よく並んでいて、目立った存在となっている。
尾瀬ヶ原の湿原内にはどちらかといえばシラカバ、ダケカンバなど木肌の白い落葉広葉樹が目立つ中、緑の常緑樹との兼ね合い、バランスが一つの風景を描き出している。
 

東電小屋分岐を左に曲がりながら下りて行き、更に先に進むと雪道は再び左から流れ落ちる小川を渡る。
ここまでくると見晴(下田代十字路)の山小屋群が大きく見えてきて、間もなく到着である。
ここが今まで巡り巡ってきた「燧裏林道」の終点にもあたる。


弥四郎小屋のすぐ横の名水:弥四郎の清水(別名:丈堀)に到着した。 
こんなに雪に埋もれていても、この清水だけはいつものように流れている。 

早速、神の水で喉を潤す。 
夏場は強烈に冷たいはずの清水であるが、季節柄、余り冷たさは感じられない。 
それにしても有難いことである。



尾瀬ヶ原の東の端に位置する下田代、通称・見晴十字路とか見晴銀座には弥四郎小屋をはじめ6軒の山小屋が集中している。 
山小屋がこんなに集中しているのは日本全国の野山でも、ここぐらいで非常に珍しい。

この地は原は勿論、周辺の見通しも良く、通路は赤田代、三条の滝をはじめ尾瀬沼、八木沢道を経て富士見峠、そして尾瀬ヶ原を縦断して中田代、上田代の尾瀬ヶ原の核心部から、鳩待峠へと分岐する。
所謂、この「見晴」の地は、十字交差点に当るのでその名が付いている。

因みに、原の中央・中田代には竜宮十字路という分岐路もある。
小生はこれから標識に従って尾瀬沼方面へと向かうのである。


次回、 「段小屋坂



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代