2011-11-18(Fri)

南ア・仙丈ヶ岳紀行(35) 「山の霊力」

.



 南ア・仙丈ヶ岳紀行(35) 「山の霊力」  .



更に、『人はどうして山に入るのか・・?

それについて明確に答えられる人は少ないであろう。 
或は言葉では表現できないかもしれないのである。

しかし、高い山、形のいい山、荘厳な山には俗界とは違う何かがあるはずである。
かって、山に居る人を字のごとく「仙人」と称した。 
下界に居る人を字のごとく「谷の人」、つまり「俗人」とした。 

山に凄む人を仙人(せんにん)と称したのは中国の教えであり、仙境にて暮らし、仙術をあやつり、不老不死を得た人を指した。

仙人は主に高い山の上、天上などの仙境(神仙郷、仙郷、仙界)の地に住み、俗界と離れた静かで清浄な所、神仙(神霊)が住むような理想的な地で修行をしたとされる。


中国の静的な仙人に対して、日本では古来より動的な仙人がいた。
山に凄む妖景である神や仏(神仏混交の時代)の霊力を得んと、山伏(やまぶし)という山の中をひたすら歩き、修行をする修験道の行者がいた。 
修験者」とも言う。

修行者は「修行して霊力を身に着け、迷妄を払い、験徳を得る」ことから修験者、又は山に伏して修行する姿から山伏と呼んだ。


日本各地の霊山を修行の場とし、深山幽谷に分け入り厳しい修行を行うことによって超自然的な能力、験力を得るのである。 
つまり、山の妖景や魔力をこの身に宿して、衆生(しゅじょう)、俗人に伝える専門的集団なのである。
又、同じ山域を一日も休まず何百日も駆け巡って、霊力、験徳を得る修行もある。
比叡山で行われている「千日回峰行」などもその一つであろう。

尤も、現在でも在家の山奉信者が、修行の時だけ山伏となって修行する人も多く存在するようだが。
何れにしても、山の霊力を得んとして山に入った仙人達であった。


次回、「山の修行者




祝い・・!!  平泉地方が世界文化遺産に決定。(2011年6月) 
東北紀行2010(内陸部)」 http://orimasa2009.web.fc2.com/tohoku.htm 

『九州紀行』は以下にも記載してます(主に写真主体)
九州紀行」; http://orimasa2009.web.fc2.com/kyusyu.htm
九州紀行」; http://sky.geocities.jp/orimasa2010/



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代