2011-11-19(Sat)

南ア・仙丈ヶ岳紀行(37) 「樹林帯の急坂」

.



 南ア・仙丈ヶ岳紀行(37) 「樹林帯の急坂」   、 




三合目標識;



道端には小生の好きなツツジの仲間である小木の「ウラジロヨウラク」が姿を見せている。
前にも記したが、ウラジロヨウラクツツジ(裏白瓔珞躑躅)小生がツツジ科の中で最も好きな花木である。
落葉低木で、葉は楕円形で枝先に輪状につき、葉の裏面は帯緑白色が特徴である。
花は淡紅紫色のを枝先に、釣鐘状の数個垂れ下げて咲かせる。 
珞躑(ようらく)とは仏像が身につけている装身具のことだとか。


周りはシラビソの純林帯が続き、雰囲気の良い苔むした原生林の中をジグザグに延びている。
霧にけむる南アルプスの樹林帯は、特に幻想的である。

林床には若いシラビソが伸びてきており,森が生きていることを感じさせる。 
所々に倒木があるが、老いた樹は倒れてまた次の世代の肥やしとなるのである。

又、茶色になったカエデの木も見える、又、ダケカンバも白い肌もみうけられる。 
下では間もなく紅葉の時節が訪れるが、ここまで登ってくると、やはり、針葉樹主体の常緑ゾーンが主体である。

足元は土というより大小の岩石(いわいし)が占めていて、いささか歩き難い。 
浮石などに脚を取られないように慎重に歩を運ぶ。


間もなく薄暗い樹林帯の中に「三合目」の標識が確認できた。
標識の上に、例によって“山えの心がけ、標語”が掲げてある。

『 あなたは美しい山を守る人。 汚れた山を作る人。 
  空缶、ゴミ、良心は持ち帰ってね
 』  と。


何か心に響く文言ではなく、薄っぺらな感じがして心がムズ痒い。
低山の森のようなハイキングコースならイザ知らず、こちらは三千メートルの山岳地である。皆さん、それなりの心得をもって入山してきているはずである。
しかも、どなたの利便性を考えて行ったかは知りたくもないが、これだけの奥山に機械の爪で引っ掻いて傷(林道、車道)をつけたのは何処のドイツだ、と一言も言いたくなる。



相変わらず樹林帯のハードな上りが続く。
喘ぎあえぎのジックリとじっくりとして前進する。 
ジックリとは、落ち着いて時間をかけて念入りに行うさまである。

腰に両手をあてて、無思考の境地ではあるが、脚下をよく確かめながら一歩一歩、バランスをとりながら高度を上げる。
荷物が軽量なのも手伝って、案外と前衛進む。
しかし、汗のほうがさすがにジットリと染み出してくるが、これは、小生の場合は額からボロボロ汗をかく場合と違って、意外と調子の良い状態なのである。

逆に、ダラダラと汗が噴出すときは、どうしても水分が欲しくなり、こららの繰り返しでどうしても体力を消耗してしまい、即ち、バテ現象の始まりなのである。 
現在はそのようなな状態ではない。

とにかく、1000mの高度を上げなければならないのである。 
東京タワーの基部から突端までの長さの3倍である。


次回、「五合目・大滝の頭





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代