2009-05-20(Wed)

西丹沢:「檜洞丸(4)」



西丹沢:「檜洞丸(4)」  


「桧洞丸」:1601m、丹沢山塊の西丹沢にその位置を占める主峰で、山塊中では蛭ヶ岳 (1,673m)に次ぐ名峰と言われる。
西丹沢特有の深く、雄大で頂上は「大室山」同様、ブナの原生林に覆われているが、今の時期は木々の合間から主稜・蛭ヶ岳から丹沢山、塔の岳、そして富士から南アルプスの連山が辛うじて見渡せる。
又、山頂付近は貴重な山草「バイケイソウ」の群生地であることから、近年、これらを保護する目的で木道が敷かれているらしい。 関係者の努力に感謝したい。

因みにバイケイソウは、5月初旬頃からブナの落ち葉の間から芽を出し始め、茶褐色の枯れ葉から顔をだした色彩は緑濃く、鮮やかである。
高さ1メートルにもなるユリ科の多年草で,中部以北の深山,高山および北海道の湿地によくみられる。初夏には緑白色の臭気のある花を咲かせる。
ところが、高山でヒッソリと枯れ葉から羽芽を出す「バイケイソウ」は毒草なのである。茎が伸びる前の若葉が、山菜として食用にされる「オオバギボウシ」、「ギョウジャニンニク」などと類似するため、ヒトが誤食しやすいという。
新芽も葉も茎も根もすべて有毒で,毒性の強い「アルカロイド」を含み、煮ても湯がいても天ぷらにしても毒は消えないそうで・・、食べてから30分~1時間くらいで下痢や吐き気をもよおし,血管が広がって血圧降下,心拍数の減少,めまい,手足のしびれ,けいれんなどの症状が出て、最悪・重症の場合は意識不明となって死亡することも・・。
 
mokudou
baikesou
山頂付近の木道とバイケ草


下山は相談の結果、道志:神の川方面へ一気に降りることにした。
下山ルートは地形図をみると稜線直下の等高線の間隔がかなり狭く、相当な急斜面であることは想像できる。
先ず、山頂から北西の犬越路方面に下っていく。 
熊笹ノ峰を越え、大コーゲ付近までは比較的なだらかな稜線であり、間もなく「ヤタ沢の尾根」の分岐へ出る。 
東沢の右岸に続いている迫力ある山並み(ツツジ新道の尾根)が間近に迫るが、 しかし、これも見納めである。
我等は、この先、急峻な「ヤタ沢の尾根」を下ることになる。何故なら、このルートは道志方面への最短コースでもあるからだ。 聞くところ、このヤタ尾根は「青が岳山荘」へのボッカ道でもあるらしい。 従って、コース、踏み後もしっかりしているだろう・・、とのことでもある。

のっけから急斜面を勢い良く下る・・、日陰部分の所々に残雪があるが、充分に踏まれてあるので全く安心である。 
途中までは調子よくトントンと下って行くが、次第に脚部が熱を帯び、ガクガクなりそうである。 やはり、下りは油断しないで慎重に下りることで・・、 特に、このような急斜面の下りは要注意なのである。
急降下は更に・・、道志山稜の姫次から続く稜線が間近に見え、袖平ノ頭(ボンテン)、風巻ノ頭がとても美しい、何時か歩いて見たい所である。

間もなく、工事中の林道らしきものに出た・・。
話によれば、昨年から頃(昭和44年)犬越え路の真下に、西丹と道志とを直結するトンネルの掘削が完成したという。 そのトンネルへのルート造成の為に数台のブルが動員され、山を破壊しつつ、「うなり声」を上げているのである。
我等は、その為この先の下山ルートが判らず、右往左往していた。 
その時、地元、「東野」の山好きなオッサン・・、(失礼・・)が我々の様子を伺っていて、事の次第を話すと納得して軽トラで運んでくれたのは、何よりも幸いであった。

西丹沢:「檜洞丸」  終り 


【小生の旅のリンク集】・・・
《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・  
白神山地・・ 
紀伊山地の霊場と参詣道・・ 
安芸の宮島・厳島神社・・  
石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・
沖縄旅行2008・・
北海道道北旅行・・
北海道旅行2005・・
南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行リスト」 ・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)
八ヶ岳(1966年)
南ア・北岳(1969年)・・
北ア・槍-穂高(1968年)・・
谷川岳(1967年)・・
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)・・
八ヶ岳越年登山(1969年)・・
西丹沢・檜洞丸(1970年)・・
丹沢、山迷記(1970年)・・
上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・
「上越国境・谷川岳」・・
「丹沢山塊」・・
「大菩薩峠」・・

《スキーの記録》・・・
「スキー履歴」・・  


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代