2012-01-24(Tue)

大菩薩峠・紀行(5) 「雲峰寺」

.
希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである。」(スティーブンソン)






大菩薩峠・紀行(5) 「雲峰寺」 .






雲峰寺の山門へ続く参道石段



民宿・松葉荘の明けの朝、朝日が窓から差し込んできて、余りの明るさに目が覚めた。
窓を開けると、先ず山間の清冽な空気に触れる。 
山並みが朝日の映えて鮮やかである。
正面やや右手の山間に大きなお堂が見えている。 
雲峰寺」(うんぼうじ)と言うらしい。


上空は真っ青で、一点の雲もなく、今日一日の好天を約束してくれている。
ハヤル気持ちで朝食もソコソコに、早々に出立する。
左手に雲峰寺の参道階段が上方に延びている。
何でも、武田信玄ゆかりの寺院らしく、帰りがけ時間があれば是非立寄りたい。


この「雲峰寺」というお寺はただの田舎の寺院ではなく、かなりの由緒があるらしい。
歴史的にも奈良の高層・行基が開祖し、1200年以上の年代を経ているという。 

しかも甲州・武田家にも所縁があり、そして何より中里介山がこの寺に滞在して名作「大菩薩峠」を執筆したことでも知られている。 
更に、小生・田舎の檀家寺と当の雲峰寺は本山が同一の京都・臨済宗妙心寺に属しているのである。



こんな訳で古刹・雲峰寺について、チョッと述べたい。

参道より200段近い高い石段を上ると本堂、書院、庫裏が建つ。
室町期(戦国期)に武田信虎によって再建され、武田家戦勝祈願寺として歴代領主の帰依が厚く、本堂、仁王門及び庫裡はすべて重要文化財に指定されている。
山号は「裂石山雲峰寺」で、開創は天平17年(745)というから奈良朝時代でありかなり古い。
日本の歴史上初めて朝廷から僧としては最高位の大僧正の位を授かった「行基」(668~749年)が成したといわれている。


次回、更に「雲峰寺




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代