2012-02-16(Thu)

大菩薩峠・紀行(21) 「丸川峠」

.







大菩薩峠・紀行(21) 「丸川峠」 .





秋枯れの丸川峠と丸川荘




さて、いくぶんかお腹を満たした後、身体があまり冷えないうちに大菩薩の頂上を降りることにした。
本日の山行目的地は、大菩薩峠から頂上の嶺を経て丸川峠へ向かい、その後、奥多摩
方面へ向かう予定である。

丸川峠への道は、このピークから北へ向かうことになる。
こちらは峠付近の賑わいは無く、特に今頃の時節は余り人も入っておらず、静かな山歩きが出来るはずである。

樹海に囲まれた雪深く、しかも細い山道は初めて“山へ入って来たんだな・・!“ という実感が得られて満足である。
頂上から僅かの間急な坂道を下るが、後はだらだらしたほぼ平坦な巻き道のような道中をを進む。

コメツガの樹林帯と降り積った雪とのコントラストが何ともいい感じである。
40分ほどで明るい原っぱが目に飛び込んできた。 
原っぱといっても盆地のように窪んでいる穏やかな地形である。
そこは丸川峠であり、その中心にこじんまりとした如何にも山小屋らしい雰囲気をもった建物が確認できた。 


丸川峠は山並みの鞍部(コル;峰などの低い部分、底)を上がりきって下るという極端な地形ではなく、両側が開けた窪地で、高原状に開けた心地よい静寂境である。
現在は雪に覆われているが、普段の峠付近はやや窪んだ高原地形に、夏には草花が一面に咲き乱れ、お花畑のように美しいところである。


次回、 「丸川峠の道




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代