2012-05-15(Tue)

南ア・鳳凰三山紀行(8) 「奈良法皇(孝謙天皇)」

.





南ア・鳳凰三山紀行(8) 「奈良法皇(孝謙天皇)」 .



ところで奈良法皇とは、奈良天平時代の女帝・孝謙天皇のことを指すようで、孝謙天皇は病気を癒すため遥か東国のこの地まで遷居し、八年もの間滞在したという。

孝謙天皇(こうけんてんのう)とは日本の第46代、48代(称徳天皇)と2度即位した奈良時代における古代から近世にかけての最後の女性天皇であった。(その後、江戸時代の第109代明正天皇まで女性天皇は存在しない)
尚、父はかの仏教に深く帰依した聖武天皇であり、国分寺建立の詔や東大寺盧舎那仏像の建立の詔を出したことでも有名である。


この時期、古代史最大のスキャンダルといわれる有名な「道鏡事件」(宇佐八幡宮神託事件)が発生している。
孝謙天皇(後の称徳天皇)と恋仲にあった高僧・道鏡が皇位を狙ったとされる事件で、天皇が一般人である道鏡に皇位を譲ろうとし、豊後の宇佐八幡宮に偽の神託を仰いで一端はこれを是とした。
この時、身の危険も顧みず悪人・道鏡の皇位簒奪(さんだつ;帝位を奪いとること)を防いだのが孝謙天皇に仕えていた「和気清麻呂」(奈良時代末期から平安時代初期の貴族)であった。 
九州に下った清麻呂は豊後の宇佐八幡宮に篭り、正規のご神託を得ることになる。 「皇位は、神武天皇からその皇孫(皇男子)が受け継ぐべきものである。皇孫でないものが皇位が継ぐことはならない。」とし、偽の神託であったことを突き止め天皇に訴える。
だが、天皇は怒って清麻呂を大隈の国(鹿児島)へ配流してしまう。 
その後、次期皇位継承者は自身(称徳天皇)が決めると宣言し、天皇継承については「道鏡」を指名しないと改めて表明する。

その後の清麻呂は後の桓武天皇とともに平安京遷都に尽力を尽くしている。 
明治期の天皇政治の復活(王政復古)に伴い、天皇制継承問題における万世一系の論を唱えた和気清麻呂は、楠木正成などとならぶ勤皇の忠臣と見なされ、戦前には十円紙幣に肖像(想像)が印刷された。現在も各地に銅像がある。

因みに、この万世一系の思想は、天皇継承権は永遠に同一の系統が続くこと、多くは皇統について言われるもので、和気清麻呂が起こしたものとされ、現代にまで受け継がれている。 
昭和憲法下でも「皇位継承は世襲のものであって、皇室典範によって細かく定められている。皇室典範第1条では皇位は皇統に属する男系の男子がこれを継承する」と記され、清麻呂の思想以上に具体的になっている。


一方、孝謙天皇については次のような逸話もある。
孝謙女帝(重祚して称徳天皇)は40才の時、父聖武の遺言で従兄弟の淳仁(淳仁天皇)に譲位し出家したが近江で大病を患い、侍僧の道鏡に手厚く看病されて回復した。
以来道鏡を厚遇したが、上皇と道鏡の関係を色恋沙汰とした東大寺判官ら3人を隠岐や大隅に流したが、その後も朝廷内では黒い噂、憚り(はばかり)事になっていた。
天平宝字8年(764)、道鏡の排除を計った太政大臣・藤原仲麻呂が上皇暗殺を企てたと密告されて殺され、淳仁天皇も陰謀に加担したとして退位、淡路に流され(淡路廃帝)翌年死亡。一方、道鏡は765年1月太政大臣、翌年10月法王と栄進する。その後宇佐八幡神託騒ぎがあり、宝亀元年(770)、称徳女帝は道鏡に譲位することなく53才で没し、道鏡は下野(現栃木市)薬師寺別当に左遷されて2年後に逝去している。



次回、 「歴代女性天皇





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代