2012-05-31(Thu)

南ア・鳳凰三山紀行(17) 「鳳凰三山・入山」






南ア・鳳凰三山紀行(17) 「鳳凰三山・入山」   
.




地蔵岳とオベリスク(クリック大)




早速、彼とお膳を囲んだ。
酒好き、どちらかというと飲兵衛の両人である。
久しぶりに逢った彼であり、酒を酌み交わしながら話もはずむ。

『 山好きに 飲兵衛ありき また楽し 』 


酒を追加し、出来あえの料理を追加注文して、更に山の談議をしながら夜は更けてゆく。
それでも、まだまだやりたいところだが、明日のハードなスケデュールがあるので、仕方なくお開きにした。




翌朝、薄日が指すも朝もやの中で目が覚めた。

昨夜のアルコールが十分消化されないで、頭の隅にまだ残っている状態であり、そんな気だるい体調ではあるが、イソイソと準備を整えて何とか出発の運びとなった。

登山道は、御座石鉱泉の玄関に向かって建物の右側を通り抜けて行く、ちょっと通り難い登山道入り口となっている。
登山道はいきなり急登 で、しばらく眺望のない登山道を黙々と高度を上げて行く。

急な登りが乗っけから始まっていて、未だ体調が整わない中苦しい上りがいきなり始まる。
程なく行くとやや平坦なところへ出た。
西の平と小さな案内板が立っていて、ここは右からのつまり石空川渓谷からの合流、分岐点でもある。
左下方には、昨日訪れた「白樺林」の鮮やかな様相が目に飛び込んでくる。


さて、これからが本格的な急登の連続であり、標高差にして約1000mはあるだろう。
大型キスリング両肩に食い込み、両腕がジーンと痺れてくる感覚である。
しかし、道は大勢の登山客が歩いているらしく、よく整備されていて比較的歩きやすい。
ステップを確実に一歩一歩進める。


続く・・




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代