2012-06-02(Sat)

南ア・鳳凰三山紀行(18) 「信仰の道」

.




南ア・鳳凰三山紀行(18) 「信仰の道」 .



燕頭山からの登山道1


燕頭山からの登山道2





空身であるが地元の女子高の山岳部パーティが、われ等をあっと言う間に追い抜いていった。
女子とは言いながら大したもんだと半ば感心しながら、そんな時、フト自分の年齢と体力について水平思考が脳裏をかすめる。
年甲斐もなくこんな重荷を背負い、苦行しながら何で山に登らなければいけないのか・・?。
尤も、苦しい山登りの最中には時折、このような愚問が頭をよぎる。
「クソッ、・・!!」
「あと何時間、こんな思いをしなければならないんだ・・!!」
だが、いつもの事ながら納得のいく、答えは浮かんでこない内に時だけは過ぎ去ってしまうのである。
一歩一歩、左右に重心を慎重にかけながら、確実に歩調は進んでいる。
それにしてもウンザリするほどの物凄い急登の連続である。


混成林の中の登りを登っていくと時々大きな松の大木がある。
見上げながら脇を抜けていく。
半分朽ちた大木には大きなサルノコシカケもついている。
しばらくは展望のきかない登りをひたすら登って行く。

まだ青々とした林の中を登って行くと左側で治山工事をしている場所を通過する。
それにしても大きな崩落防止の工事だ。
この山は、未だ活動期の山岳らしく、いたるところに崩落している谷があり、そのうち登山道も崩壊してなくなってしまうのではなかろうかと不安にもなる。

尾根筋の樹林の開けたところで左手を見ると、韮崎の平地越しには中央に茅が岳、その後ろに国師が岳、金峰山といった奥秩父の名山が雲に浮かぶように見えている。
1時間ほどで西の平という石空川渓谷(いしうつろがわけいこく)からの分岐に出た。


まだまだ急登は続く。
西の平から1時間近く歩いていると、右手(北)に木々の間から八ヶ岳連邦が見られた。少し登った左手(南東)の開けた所から富士山も見られる。
しかしながら急坂は途切れることなく続く。
なおも樹林の中の道を進むと何故か七合目の石柱のある広場に出た。
普通、「合目」の標識のある山はほとんど1合ごとに標識が建っているはずであるが、ここでは突然7合目が現れた。
昔は信仰登山が盛んだった頃は、列記とした案内柱があったのであろうが、次第に風化してしまったのであろう。
ただ、昔の信仰登山のルートは石空川渓谷からが一般的だったらしく、このルートには石仏や道祖神、合目を表す高度標柱などが苔むして風化しながら未だ存在しているらしい。

ところで直下の石空川渓谷には、北精進ヶ滝と呼ばれる高さ120mの大滝がある。 
山を隔てたドンドコ沢にある南精進ヶ滝と区別するために北精進ヶ滝と称しているが、元来は精進ヶ滝といえば当滝を指しているようである。

鳳凰山を信仰する行者が石空川を遡行する経路を辿る場合、この滝で斎戒沐浴(さいかいもくよく;沐は髪を洗う、浴は体を洗うの意で、心を清め身を洗うこと)する事からその名がついたとされている。 
北精進ヶ滝は、日本の滝百選の一つでもある。
又、石空川の北沢には「行者の滝」という名滝もあり、何れも信仰登山の行者に縁のある名前がついている。

現在、滝ブームと言われる。 
石空川渓谷も林道がかなり奥まで開削されていて、名の通った北精進ヶ滝やその他の滝を見物すために多くの人々が訪れているらしい。
この名瀑布を次の機会にでも訪れてみるか・・?。

尚、昔の信仰登山のルートであった石空川渓谷から燕頭山(つばくろあたま)へ到る道は現在では一般ルートでは無くなっているようだ。
 

次回、「石碑・不動明王




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代