2012-06-08(Fri)

南ア・鳳凰三山紀行(23) 「ホウオウシャジン」

.




  南ア・鳳凰三山紀行(23) 「ホウオウシャジン」      .




岩場の鳳凰シャジン




鳳凰シャジン

山地に生えるイワシャジンの高山変種とされ、南アルプス鳳凰三山のみで見られる固有種である。
岩の割れ目などに自生し、茎葉は細く、先端が鎌形にカーブし、7月から8月に紫色の釣り鐘形の花を数輪、枝垂れるように咲かせるのが特徴。


ところで、ホウオウシャジンとは通の御仁は既にお判りであろうが、中国の漢方薬「沙参」に由来するキキョウ科ツリガネソウの仲間で、葉が細く、紫色の釣鐘状に咲かせる高山性の植物である。
本州の中部-東海地方の一部に分布し、山地の沢や渓谷の湿り気のある岩壁などに自生する。

代表的なのが岩シャジンやヒメシャジンであるが、自生地によって草丈や姿に若干の違いがあり、産地の名前を付し、それらを変種として区別されている。
細い茎に釣鐘形の花をぶら下げるように付け、色は青紫色で先端が五つに切れ込み、茎葉は線が細く草姿は繊細な雰囲気を持っているがが、岩場などにしっかりと根を張る気丈な性質の植物である。

産地による変種の中で代表的なものに鳳凰山産のホウオウシャジンがよく知られている。 岩シャジンより更に草丈が低くて葉が細く、萼(花被の一番外側にあって花弁をかこむ部分)が大きく反り返るなどの特長があり、高山植物愛好家には特に人気がある。

小生も一時期そうであったが、野草の愛好家には「沙参に始まり沙参に終わる」と言う格言があるほどポピュラーであるが奥が深い種類です。
棚の上から見事に垂れ下がる紫色の花は実に魅力的でもある。


次回、 「地蔵岳






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代