2012-06-27(Wed)

南ア・鳳凰三山紀行(38) 「薬師岳小屋薬」

.





南ア・鳳凰三山紀行(38) 「薬師岳小屋薬」 .




薬師小屋案内板



薬師小屋



薬師小屋2



薬師の頂上から同じような姿の砂払岳が眼前に鎮座していて、その鞍部に緑にか組まれて赤と青の屋根が見渡せる。  薬師岳の小屋である。

薬師岳山頂でゆっくりした後、10分も経たずに薬師小屋到着。
周囲はコメツガなどの明るい樹林帯に囲まれていて、小屋周辺だけがポカンと切り開かれたような立地状態である。

数人の登山者が小屋前のベンチで間もなく出立しようとしていた。
「これからどちら方向ですか・・?」と、それとなく聞いてみた。
「はい、昨日夜叉神から入ってきて、これから鳳凰三山をやって御座石か青木鉱泉に下る予定です」
「そうですか、丁度、私等と逆方向ですね。 ここからだと三山縦走して余裕で下れますよ」
お互いに挨拶を交わして別れた。
見上げると直ぐそこに、やはり砂と岩の山頂部である「砂払岳」が望まれる。


ところで薬師岳小屋は、ほぼ稜線上にあるため自然水は無く天水に頼っているようで、鳳凰小屋か、この先の南御室小屋でたっぷり水を補給すろのが望ましいとのこと。 
従って、キャンプ地としては適さないようで、小屋周辺には自炊用のテント場などはないようだ。


こんな訳でもないが、時間的にもこちらでは軽く休憩した程度で、昼時の大休止はこの先の御室小屋で取ることにした。


ある登山者の一言、
薬師小屋は薬師岳と砂払岳の鞍部に建っていて、プレハブのこじんまりとした小屋です。収容人員は100人となっていますが、かなり詰め込んでのことでしょう。見たところ50人がいいところかなと思います。
料金は寝具付素泊まり4700円、1食付6800円、2食付7800円です。 
私は夕食付きでお願いしましたが、これだと夕食は2100円ということになります。ここではHPや登山道途中の看板に書いてありますが、16時までに到着していないと食事は出してもらえないようです。



次回、 「砂払岳







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代