2012-07-11(Wed)

南ア・鳳凰三山紀行(45) 「杖立峠、大崖頭山」

.




南ア・鳳凰三山紀行(45) 「杖立峠、大崖頭山」 .



杖突峠の標識



突からの下山道





カモシカを見送ってからは、登山道も平穏になってきて極めて歩きやすい。
ユルーイ上り坂の後、ちょっと見晴らしが良くなり、岩と木々が庭園のように見えなくもない二重山稜の基部にあたる杖立峠へ到着する。
このあたりはシロバナノヘビイチゴ(?)の花がたくさん見られた。 肝心の苺平では未だ若い芽葉だったが、さすがにこの辺りでは季節も幾分早目に進んでいるのだろう。


やや薄暗い樹林の中に、苺平より一回り大きい鉄パイプを大きな四面体状に組んだモニュメント標があり、そのすぐ横に『南アルプス国立公園 杖立峠 「夜叉神峠40分 苺平(辻山)2時間30分」』と書かれた指導標が立っていた。
「エッ、この指導標の時間、おかしくない・・?」
現に、普通に歩いて(降って)きて、1時間半もかかってなかったよ。 地図を見ても2時間の登りである。
一方、下りの夜叉神までは駆け足で40分、早足で1時間、普通に歩けば1時間半程度はかかるんじゃん。
いずれにしても、この後、夜叉神までは真面目に・・?降って、1時間少々の所までやってきたのである。


杖立峠(2177m)の直ぐ横のコンモリしたところのピークが「大崖頭山」(標高 2186m)という。 
杖立峠から直ぐ上に向かっている高みが大崖頭山で、最高地点の三角点は更に最高地点の数百㍍先の小山にあるらしい。 ちょっと見た所では、藪も全くなく薄い踏跡が付いている様だった。



この辺りまでくだるとシラビソ・コメツガも緑も濃く、天気は相変らず青空と白雲の取り合わせ、展望は木の枝越しに白根三山がチラチラ。
早朝から鳳凰三山ほ越えての長丁場、そろそろヘタリがやってきそうな体調なので、こちらで最後の大休止を取る。


一服しているところへ、10人程度の高校生らしい若者パーティが一列で登ってきた。 小柄な女性も大きなザックを担いでいて、我等の直ぐ近くで息を吐きながら背荷物をおろしていた。
それとなく、「大きいね、今日はテント暮らしかな・・?」と尋ねると、
「あ、はい。」と照れくさそうに、「この先の御室小屋で、張るつもりです」という。
「あそう、先ほど一服入れたところだが、小屋の直ぐ横で、水場も近くいいとこですよ」と返してやると、付近の男性陣も振り返り、
「有難うございます」と丁寧に礼を返してきた。
 
その後、夫婦の方であろうか、中年の二人ずれ登山者がやってきて、彼らから
「この先で白峰三山の展望の良いところはないですか・・?」と聞かれたので、
「はい、良い所ありますよ。 この先、15から20分程度行った所に、草原の展望の良い所が有ります。 白峰三山が目の前で絶景ですよ」
「そうですか、じゃ、そこまで進めようか」と、相方に耳打ちしていた。
「どうも有難うございました」といって、去っていった。

小休止して、いよいよ最後の下りである。
杖立峠の標高が2177m、夜叉神峠が1770mで、峠までの標高差が400mの降りである。

木立越しの白峰三山方向はガスが昇り、稜線のみが見える程度。



次回、 「夜叉神峠



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






.




南ア・鳳凰三山紀行(45) 「杖立峠、大崖頭山」 .



杖突峠の標識
-杖突からの下山道

カモシカを見送ってからは、登山道も平穏になってきて極めて歩きやすい。
ユルーイ上り坂の後、ちょっと見晴らしが良くなり、岩と木々が庭園のように見えなくもない二重山稜の基部にあたる杖立峠へ到着する。
このあたりはシロバナノヘビイチゴ(?)の花がたくさん見られた。 肝心の苺平では未だ若い芽葉だったが、さすがにこの辺りでは季節も幾分早目に進んでいるのだろう。


やや薄暗い樹林の中に、苺平より一回り大きい鉄パイプを大きな四面体状に組んだモニュメント標があり、そのすぐ横に『南アルプス国立公園 杖立峠 「夜叉神峠40分 苺平(辻山)2時間30分」』と書かれた指導標が立っていた。
「エッ、この指導標の時間、おかしくない・・?」
現に、普通に歩いて(降って)きて、1時間半もかかってなかったよ。 地図を見ても2時間の登りである。
一方、下りの夜叉神までは駆け足で40分、早足で1時間、普通に歩けば1時間半程度はかかるんじゃん。
いずれにしても、この後、夜叉神までは真面目に・・?降って、1時間少々の所までやってきたのである。

杖立峠(2177m)の直ぐ横のコンモリしたところのピークが「大崖頭山」(標高 2186m)という。 
杖立峠から直ぐ上に向かっている高みが大崖頭山で、最高地点の三角点は更に最高地点の数百㍍先の小山にあるらしい。 ちょっと見た所では、藪も全くなく薄い踏跡が付いている様だった。

この辺りまでくだるとシラビソ・コメツガも緑も濃く、天気は相変らず青空と白雲の取り合わせ、展望は木の枝越しに白根三山がチラチラ。
早朝から鳳凰三山ほ越えての長丁場、そろそろヘタリがやってきそうな体調なので、こちらで最後の大休止を取る。


一服しているところへ、10人程度の高校生らしい若者パーティが一列で登ってきた。 小柄な女性も大きなザックを担いでいて、我等の直ぐ近くで息を吐きながら背荷物をおろしていた。
それとなく、「大きいね、今日はテント暮らしかな・・?」と尋ねると、
「あ、はい。」と照れくさそうに、「この先の御室小屋で、張るつもりです」という。
「あそう、先ほど一服入れたところだが、小屋の直ぐ横で、水場も近くいいとこですよ」と返してやると、付近の男性陣も振り返り、
「有難うございます」と丁寧に礼を返してきた。
 
その後、夫婦の方であろうか、中年の二人ずれ登山者がやってきて、彼らから
「この先で白峰三山の展望の良いところはないですか・・?」と聞かれたので、
「はい、良い所ありますよ。 この先、15から20分程度行った所に、草原の展望の良い所が有ります。 白峰三山が目の前で絶景ですよ」
「そうですか、じゃ、そこまで進めようか」と、相方に耳打ちしていた。
「どうも有難うございました」といって、去っていった。

小休止して、いよいよ最後の下りである。」
杖立峠の標高が2177m、夜叉神峠が1770mで、峠までの標高差が400mの降りである。

木立越しの白峰三山方向はガスが昇り、稜線のみが見える程度。



次回、 「夜叉神峠



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代