2012-07-12(Thu)

南ア・鳳凰三山紀行(46) 「夜叉神峠」

.




南ア・鳳凰三山紀行(46) 「夜叉神峠」 .




夜叉神峠



小休止して、いよいよ最後の下りである。
杖立峠の標高が2177m、夜叉神峠が1770mで、峠までの標高差が400mの降りである。


右の杖立山・・?、と大崖頭山の鞍部を抜けると、またまた大下りがが始まった。
気がつくと、左斜面は名前のとおり大きな崩壊薙ぎが口を開けていて、不気味な様相である。

三山からの長道中の下りで、脚部は相当に疲労している模様だが、まだ大丈夫。
弱いと思われる左脚部を出来るだけカバーしながら、慎重に、丁寧に、それでもピッチはソコソコにあげながら、ぐんぐん降る。


西側は樹林越しに白峰三山が見えて居るが、すっきりと見える所はほとんど無い。
それでも木立越しの景色は、白峰三山方向はガスが昇り、稜線がかすかにではあるが見える程度ではある。

ダケカンバやシラビソ、コメツガなどの常緑樹が主だったが、落葉樹も点々混じってきて、所謂、混成林の山相に変わってきている。
登山道は概ね尾根稜の西側に付けられていて、東側の尾根筋がコンモリと高目になっているので見通しはない。


大崖頭山(杖立峠)から夜叉神峠へ向う登山道は、幾つか木の根を踏んで降りるような急坂ではあるが、さすが人気の鳳凰三山の縦走路というだけあって整備されて比較的歩き易い。 
しかし、何しろ長丁場ではある。

それでも次第に緩い斜面になってきて、土の道になってきて歩きやすく脚部には安心である。
1時間少々の下りの途、最後に南に向かってクマザサの中をいったんゆるく登る。
だが、夜叉神峠へは少しの上りではあるが、さすがにここへ来てからの登りは、正直相当きつかった。


そして、ようように夜叉神峠に到着。
正面には高谷山(1842m)のこんもりした山塊が覗える。 そう、その途中の山中には夜叉神トンネルが抜けていて、南アルプススーパー林道が北岳の麓である広河原まで延びている。



次回、 「夜叉神




【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代