2012-07-13(Fri)

南ア・鳳凰三山紀行(47) 「夜叉神」

.




南ア・鳳凰三山紀行(47) 「夜叉神」 .




夜叉神峠標識



夜叉神小屋



夜叉神峠登山口



夜叉神峠は、峠から日本有数の山岳・白峰三山の展望を楽しむ一方、鳳凰三山縦走路の際の薬師岳側からの入山口として利用される。
夜叉神の登山口(約1380m)から夜叉神峠(1770m)までの標高差400m弱の登高で、白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の好眺望に恵まれることでハイシーズンは多くのハイカー、登山者で賑う場所なのある。


峠の山上は爽々として心地よいところだが、裏腹に「夜叉神」という名は、チョイトおどろおどろしい雰囲気が漂っている。
その名の由来について古い言い伝えによると、この辺りに住んでいて度々悪事をした「悪い神様」を祀ってある事からその名前が付いたとのこと。
その辺りの村人たちは、この「夜叉神」の祟りを恐れ、谷を一目で見渡せる峠の上に、
石の祠(ほこら)を建てて手厚く祀まつりしたところ夜叉神の祟りも少なくなり、村も豊かになり、いつかその峠を『夜叉神峠』と呼ぶようになったということである。


夜叉神峠は、首都圏からハイキングコースとしても有名で、北岳や白峰三山の展望地としても良く知られている人気の観光地でもある。
夜叉神峠(1770㍍)は、西に南アルプス連嶺が北から南へ延びている。
正面に間ノ岳(3189㍍)、右手(北)に北岳(3193㍍)が日本で2番目に高い峰を見せ、間の岳の南に西農鳥岳(3050㍍)と農鳥岳(3026㍍)が連なる。
夜叉神峠と南ア連嶺の間は深い谷になっていて、大小無数の沢谷の水を集めた野呂川と早川の急流が南へ流れ、身延で富士川に合流して駿河湾に注いでいる。

鳳凰山の道はここで北の薬師、観音、地蔵へ上る道と、西の野呂川へ一旦下りて北岳・間の岳の登山口 広河原へ行く道に別れる。
いまは芦安・広河原間に南アルプス林道が開通しバスやタクシーで行けるようになり、夜叉神峠小屋(定員15人)の峠茶屋としての役割は軽くなったといえる。


夜叉神峠小屋の前は、三々五々休憩できるテーブルやベンチがあり、絶好の休憩スポットである。




【夜叉神峠小屋情報】

場  所  夜叉神峠山頂 標高1,790メートル
収容人員  15人
開設予定期間  4月末~11月中旬、(週末中心・下記期間を除く)7月中旬~8月末日は毎日開設)、年末年始
連 絡 先  TEL:055-288-2402(角田英司)
宿泊料金  【1泊2食】6,500円(~6月30日)、7,500円(7月1日~)、【寝具付素泊】4,500円、【寝具無素泊】3,500円
幕営張数・料金  15張・500円/1人
水  場  あり(往復30分) ※小屋に水はなし






次回、 「山よさよなら







【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代