2012-11-23(Fri)

霊峰・日光の山々 「鳴虫山・1」

.



  霊峰・日光の山々 「鳴虫山・1」   .
 




鳴虫山案内図




鳴虫山は、日光市街地より南2kmにある山で、昔は大懺法山(だいさんぽうだけ)ともいい、懺法とは罪を懺悔(さんげ)する儀式のことで、確かに、古くは日光の初期修行僧の参詣修行した山で、特に、冬季に修行した山であるらしく修行場の跡も、そこここに残っている。 

そして、その下山最終の慈雲寺近辺へ至る行者道は、1200年前、勝道上人がたどった道でもある。
この山に雲がかかると雨になり、子どもの泣虫にたとえて「鳴虫山」と言い習わされてきたという。 


大懺法山という名称は、明治までは「※三峰五禅頂」の内の冬峰の修験場の山として付されたもので、それらの痕跡として数多くの史跡が残されていて、この山に雲が掛ると雨が降ると言われ日光の里山的存在でもある。

※三峰五禅頂(さんぷごぜんじょう) とは、江戸期に再興された日光連山における修験者(山伏)の修験場であり、春夏秋冬の四季折々に行われていたらしい。
三峰とは冬峰・春峰、夏峰の三つを指し、五禅頂とは、秋に行われる修行も加えて総禅頂ともいい、五隊に分かれて行ったので五禅頂といわれる。

冬峰は、主に日光連山の南の山々で修行が行われ、
夏峰は、日光連山全体を経巡る修行であるが、余りの大難行のために中絶廃止されたと言われる。 2000メートル級の山が17座もある困難な夏峰修業は、室町期に廃止され近世の修験道再興時にも復活されなかった。
秋峰の五禅頂は北の山々で行われていて、5組が5回に分けて入峰したため五禅頂と云われたが、再興後は三組に縮小され「惣禅頂」と称し、総称して「両峰禅頂」とも言われた。


これらの修行を経験することによって、一人前の日光修験者として認められたといい、江戸期には、80坊と呼ばれる日光山の僧侶達がこの修行を行っていたとされる。
現在でも春・夏・秋年三回の入峰修行が行われているという。
.


次回、 霊峰・日光の山々 「鳴虫山・2」





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代