--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-27(Tue)

霊峰・日光の山々 「鳴虫山4・日光八景(続)」

.



 霊峰・日光の山々 「鳴虫山4・日光八景(続)」  .




前回よりの、公弁法親王による「日光八景」の続き、



★ 大谷秋月(だいやのしゅうげつ;大谷―大谷川)


大谷川

奥日光山域から中禅寺湖に源を発し東へ流れ、日光市町谷で鬼怒川に合流する。
大谷川及びその支流には、華厳滝をはじめとして裏見滝、霧降の滝、寂光滝、白糸の滝など著名な滝が多くある。
中禅寺湖から流出しすぐに華厳滝となるが、中禅寺湖と華厳滝の間は海尻川または大尻川と呼ばれている。

大谷川に架かる神橋は、日光東照宮など2社1寺へ参拝するのに最初に渡る朱塗りの橋で、
特に、紅葉の時期には観光客などで、大賑わいのする所でもある。



★ 鳴虫紅楓  (鳴虫―鳴虫山)



鳴虫山紅葉

(本文参照)


★ 山菅夕照(やますげのせきしょう;山菅―神橋)



神橋



神橋と電車 

古き良き時代の神橋と市電。 
市電は明治41年(1908)には日光電気軌道として創設され、明治43年(1910) 8月、清滝までの運転を開始し、更に、大正2年(1913)には 馬返まで延長している。


「神橋」は、幅6メートル、長さ27メートルの朱塗りのアーチ橋で、現在の形になったのは寛永11年(1634年)日光東照宮の大造替の際とされる。
記録によれば、この時に将軍・勅使・行者以外の往来を禁止(一般の人は通行できない)したとされている。

この橋は、山管蛇橋(やますげのじゃばし)という別名もあり、これは、天平神護2年(766年)、この地に、勝道上人が二荒山(男体山)で修行をするために訪れた時に、大谷川の急流に行く手を阻まれてしまった時に、神仏に加護を祈ると深沙大王(じんじゃだいおう)が現れ、赤青2匹の蛇で両岸をつなぎ、その背に山管を生やし勝道上人を対岸に渡したという伝説からきている。

深沙大王とは、仏教の守護神の一人で、大般若経の十六善神とともに描かれることが多く、深沙神、深沙大王とも呼ばれる。 「西遊記」の中で、玄奘三蔵がインドへ行く途中、砂の中から現れ、玄奘を守護したとしても知られる。

深沙大王を祀る深沙大王堂が国道119号側(太郎杉の隣)にある。




★ 黒髪晴雪  (黒髪山―男体山)



男体山(手前は八丁出島:紅葉の名所でもある)

中禅寺湖畔に聳える、標高2484メートルの端正な山で、古くは二荒山と呼ばれ、山岳信仰の聖地として多くの人々に崇められた。
この山が「日光」と言う名前のもとになったと言われている。 

この山の麓に、二荒山神社(中宮祠)が鎮座していて、山全体が神域でもあり、頂上には二荒山神社の奥宮が祭ってある。
また山頂には、太郎山神社があり、8合目には滝尾神社もある。(日光三山の社宮)

この山は、俗称・黒髪山ともいい、松尾芭蕉の奥の細道で、同行の曾良が黒髪山の名でこの山を詠んでいる。 





次回、 「鳴虫山・5






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。