2012-12-01(Sat)

霊峰・日光の山々(12) 「鳴虫山周辺」

.




 霊峰・日光の山々(12) 「鳴虫山周辺」  .




慈雲寺本堂



慈雲寺は、承応3(1654)年に晃海上人が創建したもので、当時の建物は明治35(1902)年の洪水で流失したらしい。

現在の本堂は昭和48(1973)年に復元されたものという。
晃海上人は、天海僧正の弟子であり、初代の上野寛永寺の執当でもあった。 



天海大僧正(慈眼大師)が東照宮を日光に祀った時、付近(現在の日光山内)一体は、一山(僧侶)の墓地だったらしく、それで、天海は弟子の晃海に「墓地を何れかに移転するよう」依頼して死んだという。

その命に従って晃海が選んだ地が大谷川の対岸、現在の含満ヶ淵だったのである。
晃海はこの地に慈雲寺を建立し、阿弥陀如来と慈眼大師(天海)をその本堂に祀った。




明治35年(1902)9月の台風による洪水で、この辺りの人工施設は全て押し流されたといい、慈雲寺も例外ではなくその時に流失した。

現在の本堂は昭和48(1973)年に復元されたもので、その一年前には、この霊域の入口にふさわしい山門も再建された。
7月14日には、輪王寺一山の僧侶により、孟蘭盆会の法要が営まれる。



写;慈雲寺墓地群


お地蔵さんの左から崖上に通じる細い道があり、登りきると老杉に囲まれた静寂な地に墓地が広がっている。
江戸期からの輪王寺支院住職の墓で、墓石の形も僧侶独特のものである。






写真;化け地蔵


この地は、別名で、「憾満ヶ淵」とも呼ばれるが、その右岸にある百地蔵は、俗に「化地蔵」とよばれ、約70体の阿弥陀如来の石像が並んでおり、どれも同じ姿なので往きと帰りに、これを数えると途中で間違えるところからきている。

この地蔵群には、「化地蔵」、「並地蔵」、「百地蔵」などの呼び名もあり、化地蔵の名前の由来は、みんな似たような姿なので何回数えても数が合わないからという説がある。  



大谷川を挟んで、地蔵群の対岸には日光植物園があり、春の新緑に始まり秋の紅葉、そして地蔵たちが雪をかぶるまで、美しい風光を楽しむことができる。

日光の自然探勝の中でも隠れた場所ともされ、この石仏群をお参りしながら、右側にある大谷川の素晴らしい清流を鑑賞探索するというのも、まことに結構なことなのである。



鳴虫山登山・コースタイム

日光駅⇒20分(20分)⇒志渡淵川⇒50分(30分)⇒神ノ主山-⇒1時間(40分)⇒鳴虫山⇒15分(20分)⇒合峰――⇒30分(50分)⇒独標⇒40分(50分)⇒憾満ガ淵――⇒30分(30分)⇒総合会館  ( )は逆コース




次回、 「日光・霧降高原





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」









スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代