2012-12-06(Thu)

霊峰・日光の山々(14) 「霧降高原・霧降滝」

.




 霊峰・日光の山々(14) 「霧降高原・霧降滝」  .




日光霧降滝



霧降滝は、華厳滝、裏見滝とともに日光三名瀑の一つに数えられる霧降滝は、滝壺から真近に 見ると(現在は道の崩落で滝壺に降りる事ができません)落差、水量ともに 堂々たる滝で、周囲に広がる霧降の森は神秘的なこの滝の印象をさらに際立たせている。 

観瀑台からもそのスケールと森林の美しさが十分に観察する事ができる。



霧降川の源流域の清流には、イワナなどの渓流魚はちろん、多くの水生生物が潜んでいる。
樹上に産卵するモリアオガエルや森の中を歩き回るアズマヒキガエル、水中の 小石の下に潜むトウホクサンショウウオなどの両生類や、美しい声のミソサ ザイ、瑠璃色に輝くオオルリ、清流の中で餌を探すカワガラス類などたくさんの野鳥たちは、清流と森の豊かさの証明する。

バッコヤナギと真っ赤なフサザクラの花で渓流の春は始まり、ダンコウバイ、キブシ、フジ、ウツギ、エゴノキ、ホウノキ、ヤマボウシなどが素朴な花を楽しませてくれる。

丁字滝、玉簾滝、マックラ滝の周辺ではカタクリやコンロンソウ の群落が迎えてくれるでしょう。


又、霧降滝は、奥日光三大名瀑の一つ(華厳滝・裏見滝・霧降滝)で、日光と今市市の境の板穴川にかかる滝で、上下二段に分れている。 

上滝は25m、下滝は26mで、全長は75mとなり、頂部の幅は約3mだが、下部では約15mにも広がる。 南側に設置された観瀑台からは滝壺へ下りる道があり、往復で約40分、滝は葛飾北斎も描いたという名瀑布である。
日本の滝百選にも選ばれている。


岩で砕けた水しぶきが霧のように見えることから霧降滝と名が付いたといいい、原生林の中を縫うように落ちる滝は、紅葉の季節が一番美しいが、新緑の頃もまた森林浴をしながら楽しめる。
昔は(2008年頃)、滝の近くまで行けたそうであるが、現在は崩落があり滝への道は封鎖されているらしい。



次回、 「霧降高原・丸山コース






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代