2009-06-12(Fri)

上高地から槍ヶ岳・穂高連峰へ

hotaka
写真:清流・梓川と穂高連峰

上高地・穂高連峰・槍ヶ岳  


山の魅力について・・、  
山の魅力、山歩きや山登りにおいて・・、
 「どうして山に登るのか・・?」、
「そこに山があるから・・」

と答えたのは有名なエピソードで殆どの人が知っているが・・、実は、イギリス人の登山家のジョージ・マロリーがエベレストを指して答えた一語であった。
因みに、マロリーは1924年のイギリス第三次遠征の第二次アタック隊として、登山家のアーヴィンと共にエベレスト山頂に向かったが行方不明となった。
それから75年後、米国のマロリー&アーヴィン捜索隊が1999年に、標高8160メートルに地点で遺体を発見したが、そのときにマロリーが登頂が成功したかどうかは判らないと言われる。

小生の場合・・、
「山って、どこがそんなにいいのですか・・?」
と上(妻)さんに聞かれて、答える代わりに
「そうだ、上高地でも行ってみようか・・!!」
と言って、実際に連れて行ったもんであった。
当日は都合よく好天に恵まれて、周囲の穂高連峰が手に取るように姿を現していた。
そして、自慢たらしく指を指して説明したもんである・・。


kamikouti
写真:大正池と穂高連峰

上高地」というところは俗化したとか、何とか云われてもとにかく北アルプスの魅力を代表する景観とムードは失っていない。
やはり依然として日本を代表する山岳観光地、北アルプスのメッカであり、穂高への登山基地なのである。
 

次回は、上高地から槍・穂高連峰へ・・、


【小生の主な旅のリンク集】・・・
《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」  日本周遊紀行「西日本編」  日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・ 白神山地 ・・ 紀伊山地の霊場と参詣道・・ 安芸の宮島・厳島神社・・ 石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・沖縄旅行2008・・北海道道北旅行・・北海道旅行2005・・南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行履歴」・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・八ヶ岳(1966年)・・南ア・北岳(1969年)・・北ア・槍-穂高(1968年)・・谷川岳(1967年)・・丹沢山(1969年)・・西丹沢・大室山(1969年)・・八ヶ岳越年登山(1969年)・・西丹沢・檜洞丸(1970年)・・丹沢、山迷記(1970年)・・上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・「上越国境・谷川岳」・・「丹沢山塊」・・「大菩薩峠」・・

《スキー履歴》・・・
「スキー履歴」・・  



スポンサーサイト
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代