--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-19(Wed)

霊峰・日光の山々(24)女峰山 「殺傷禁断の碑」

.




 霊峰・日光の山々(24)女峰山 「殺傷禁断の碑」  .




堂々とした「殺生禁断の石碑」




行者堂のはすぐ裏手が、所謂、行者道で女峰山への登山口となっている。

道は暫くは笹の道で、多少、朝露に濡れながらの登行となる。
薄暗い杉林の中の道は、緩やかな道だが、果てしなく続いているようだ。
救いは上空は一点の雲も無く、透き通るような青の世界が広がっていることであろう。 

有り難いことだが、陽が昇ってからの稜線付近のことを思うと焼かれることが必定で、実は余り有難ばっかりとは言えないのである。



檜と杉の混じり合う樹林帯を漸く抜ける。
東方上空は、赤黄色に迫っていて、間もなく日の出を迎えようとしている。

そして、広々とした草原に到った時、御来光があった。
時に、4時45分、太陽はユラユラと紅蓮の放射光を発しながら、意外と速い速度で上昇してくる。 

やはり有り難いものだと拝まずには居られないほどで、陽光に向かって、今日の所業の無事を祈る。
又、ここから眺める日光連山は格別で、正面に控える女峰の連山は流石に堂々としたもんだ。



植林帯の急斜面には思い思いの踏跡があり、なるべくはっきりした楽そうな道を選びながら進むと、やがて足元は笹床に変わる。

急斜面を抜けると巨大な花崗岩に刻まれた「殺傷禁断の石碑」がぽつ念とあり、その堂々とした立派な文字に驚かされる。



この石を境にすべての殺傷を禁ずるという結界石であろうが、その大きさにはビックリで、高さは2m以上あり、幅といい厚さといい、この場所までどうして運んだのだろうと不思議に思う程の大きさである。 

一枚岩を運び上げるのはそうとうな力仕事のはずであるが、残念なのはこれだけ立派な書体なのに、建立者も建立年代も記されてないのである。




落葉松の点在する笹尾根、やがて、道は尾根の西へと逸れ、再び植林帯の中を進む。
そして又、明るい笹原に出る。 

地形図でいうと稚児ヶ墓に向けて道が二股に分かれる地点で、右手のツツジの回廊へと進むようになる。
ツツジの花季は既に終わったようであるが、ミツバツツジやレンゲツツジが咲き誇り、実にきれいなところである。


ようやく頭上が明るくなると、周囲にはシラカバも目立つようになるが、周囲のツツジはいっこうに減る気配も無く、その茂みの中を進む。

左手に湿地帯が見える頃、ようやく視界が晴れてきて、歩きやすい道となる。



次回、 女峰山 「稚児ヶ墓






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。