2009-06-14(Sun)

上高地―槍―穂高縦走(1)

hotaka
梓川と穂高連峰(右より明神、前穂、奥穂、西穂)



上高地―槍―穂高縦走(1)


槍-穂高連峰は、槍ケ岳から南に延びる岩稜続きの山塊で、大キレットの大きな窪みを隔てて穂高連峰に続いており、今も変わらず厳然と屹立している。 
槍はその南端にあって、名前の如く天に槍をつく形が特徴的な高山であり、その形から「日本のマッターホルン」とも言われる。 尾根は東西南北に派生し、東鎌・西鎌・槍穂高・北鎌の各四稜が抱えており、又、沢も四方に伸ばしていて東南に槍沢、南西に飛騨沢(槍平)、北西に千丈沢、北東に天丈沢の四沢が流れ落ちる。

因みに、「安曇節」に唄われる・・、
『槍で分かれた 梓と高瀬 巡り合うのが 押野崎』
・・と、槍沢は「梓川」、千丈、天丈沢が「高瀬川」となって流れ、行末は「信濃川」となって日本海へ注ぐ。

穂高連峰は北穂高岳から涸沢岳、主峰奥穂高岳と続き、ここから南東に前穂高岳から明神岳が連峰をなし、上高地・涸沢や岳沢に落ち込んでいる。 
南西には西穂高岳やジャンダルンなど急峻な岩峰が連なり、北アルプス唯一の活火山・焼岳へと続く。
又、岩と雪の殿堂とも云われる穂高連峰は、屏風岩や北穂滝谷、前穂東壁など日本有数の岩壁をも有する。 

槍沢や涸沢カールを代表する氷河遺跡は残雪も豊富でお花畑も素晴らしく、槍・穂高への登山道はよく整備されていて、真にアルプス随一の魅力的な山岳地であろう・・!!。


【山名】 北アルプス、槍―穂高縦走
【期日】 昭和43年(1968年)8月14日~18日  (28歳)
【山行形態】 軽キスリング・夏山装備、山小屋泊。
【メンバー】 二人(職場同僚)
【行程】
第1日  自宅(東京大田区)⇒新宿・中央本線⇒車中泊
第2日  松本(松本電鉄)⇒新島々(バス)⇒上高地-明神-徳沢-横尾-
      槍ヶ岳山荘(泊)
第3日  槍が岳-大喰岳-中岳-南岳-南岳小屋-大キレット-北穂高岳-
      涸沢岳-穂高岳山荘(泊)
第4日  穂高岳山荘-奥穂高岳-前穂高岳-岳沢ロッジ-上高地(泊・西糸屋)
第5日  上高地⇒新島々(バス)⇒松本(松本電鉄)⇒新宿・中央本線⇒自宅

道中記録は次回から・・。

.
【小生の主な旅のリンク集】・・・

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ    yahooブログ 

《旅の紀行・記録集》・・・

「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」  日本周遊紀行「西日本編」  日本周遊紀行 (こちらは別URLです)・・・

【日本の世界遺産紀行】・・ 
北海道・知床・・ 白神山地 ・・ 紀伊山地の霊場と参詣道・・ 安芸の宮島・厳島神社・・ 石見銀山遺跡とその文化的景観・・ 

ハワイ旅行2007・・沖縄旅行2008・・北海道道北旅行・・北海道旅行2005・・南紀旅行2002・・

【山行記】・・・
《山の紀行・記録集》・・・

「山行履歴」・・
白馬連峰登頂記(2004・8月)・・八ヶ岳(1966年)・・南ア・北岳(1969年)・・北ア・槍-穂高(1968年)・・谷川岳(1967年)・・丹沢山(1969年)・・西丹沢・大室山(1969年)・・八ヶ岳越年登山(1969年)・・西丹沢・檜洞丸(1970年)・・丹沢、山迷記(1970年)・・上高地・明神(2008年)・・

《山のエッセイ》・・・
「上高地雑感」・・「上越国境・谷川岳」・・「丹沢山塊」・・「大菩薩峠」・・

《スキー履歴》・・・
「スキー履歴」・・  


.
スポンサーサイト
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代