2013-01-06(Sun)

霊峰・日光の山々(31)女峰山 「前女峰山」

.




 霊峰・日光の山々(31)女峰山 「前女峰山」 





前女峰山(右)と女峰山本峰




通常は尾根の左手をトラバースルーとがあって、唐沢小屋に向かうが、今回は竜巻山(2224ピーク)に登るべく尾根上を辿る。

小枝をかき分けて20分ほど登ると、赤テープのある竜巻山の山頂に達した。
山頂は低いコメツガが密に生えていて座ることもままならないが、その代わりに展望はよい。

眼下は、右は雲竜渓谷が物凄い勢いで、ザックリと切れ落ちているし、西側は大きく深いV字峡谷である。
周辺は、男体山、大真名子山、奥白根山、小真名子山、太郎山、帝釈山、女峰山、前女峰そして一里ケ曽根から赤薙山と展望が開ける。 実に山冥利に尽きる。
印象的なのは目前に聳える女峰山と前女峰(2359ピーク)の南斜面の荒肌である。

竜巻山は調子よく登れたので、時間もまだ余裕なので、ルートからチョット外れてはいるが、前女峰へも登ることにした。


前女峰へは、唐沢小屋への登山道を更に進み、前女峰山と竜巻山との鞍部から取り付くのが、一番安易にたどり着けそだ。

右手はちょうど前女峰東壁のバンド(岩壁の中段にある平らな所で、ある程度の幅があり、横に長く続いているもの)があるところで、雲竜渓谷へ向かって大きく切れ落ちている。
ここはできるだけ縁から離れた左(西)側の藪が薄そうなとこころを選んで進む。


シラビソの小枝が道に張り出していて、区間は短いが、歩き難い。
足元には、女峰山随一といってもいいほどの大きなお花畑があり、今は盛りと咲き誇る。
特に、ハクサンシャクナゲがまだ咲き残っていて、実にいい感じである。


前女峰山頂は東西に細長く、山頂を取り巻く木々は低木のダケカンバが疎らにあるのみで、ぐるっと360度、見渡すことができる。
女峰山山頂では人の動きも分かり、ほんと手を伸ばせば届きそうな至近に迫っている感じである。


ここはちょうど表日光連山のへそ的な位置なので、赤薙、女峰から大・小真名子、男体山と迫力満点に眺めることができた。

ただ、ゆっくり休めるような所ではなく、しかも、風が無いのでオテントサンがジリジリ照りつけて暑いのである。
山頂にケルンを積んだところで下山とした。


次回、女峰山 「唐沢小屋






【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代