2013-01-07(Mon)

霊峰・日光の山々(32)女峰山 「唐沢小屋」

.




  霊峰・日光の山々(32)女峰山 「唐沢小屋」 





唐沢小屋への標識



唐沢避難小屋



本峰・女峰山の直登ルートも有るみたいだが、ここは取りあえず唐沢小屋へ戻ることにした。

女峰山との鞍部から、ほぼ同じ高度を西へ進むと小さなガレ場があり、ここをトラバースすると女峰山へ登山道のガレ場下部へ抜け出る。

唐沢小屋に到着である。

無人の唐沢小屋であるが、中は飲食や食事できるテーブルと椅子が設えてあり、両脇と2階が休憩室、寝室になっていた。 
又、タワシや箒も用意されていて、使用後の清掃などができるようになっている。 
ただ、トイレは何処かしら・・?。

白い真新しい小屋の隣に、朽ちそうな、歴史を感じさせる古い建物もあった。
何でも、旧唐沢小屋は50年の歴史を閉じて、新唐沢小屋は1980年9月、日光市が旧唐沢小屋の隣に建設したらしい。


木造中2階約60平方メートルの唐沢小屋を新設。
日光山岳会や旧日光市が資金を出し古河電工日光事業所が資材提供、木造中2階建て、25平方メートル旧唐沢小屋が完成。


唐沢小屋は、女峰山への南面からの登山ルートである馬立コースと黒岩コースの合流点に建つ避難小屋で、立地も良く、またやや遠いがおいしい湧水の水場もあり快適だ。

また、この小屋を利用すれば、赤薙山から霧降高原への縦走や、帝釈山から富士見峠を経て大おお真ま名な子ご山への縦走、またその逆コースなど、さまざまなバリエーションの計画ができる。


この地は、荒々しい急峻な山頂付近では唯一の広い平坦地であり、コメツガやシラビソなどの樹林が生い茂り、2 0 0 0 mを超える標高のところとは思えない穏やかな別天地でもある。



小屋構造● 木造2階建、外壁・サイディングボード、カラー鋼板葺
管  理● 通年無人開放・無料
備  品● 毛布、鍋、掃除用具
水  場● 小屋から馬立方向へ1 0分ほど下る湧水あり、往復2 5分とやや不便

トイレが無いのが残念で、女性はどうなんだろう・・?。


小屋前で一服した後は、最後の斜面を、ただ、ひたすらグイグイ登るだけである。



次回、女峰山 「女峰山本峰





【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代