2013-01-11(Fri)

霊峰・日光の山々(36)女峰山 「下山」

.




 霊峰・日光の山々(36)女峰山 「下山」 








赤薙山神社とキスゲ平




山頂は樹林に遮られているが、鳥居と山頂標識があり、その奥に石祠の赤薙山神社のあった。

赤薙山神社は少彦名命を祭祀し、社格は日光二荒山神社の摂社であり、以前は赤薙山の奥に奥社があったが現在は無く、奥社跡として知られるのみ。


少彦名神(すくなひこなのかみ)は大国主神(男体山の二荒山神社の神;大己貴命と同一神)とともに全国を回って国土を開拓した神とされている。

少彦名神の名前と出自を、大国主神に教えたのが案山子だとされていて、案山子自身が少彦名神の化身であるという信仰が成立している。
その為、少彦名神は田畑の守り神とも考えられている。




赤薙山は女峰山から連なる山並みの東端に位置し、山自体は稜線上の突起の一つに過ぎないが、キスゲ平や丸山などを抱えて素晴らしい景観を形作っている。

又、リフトを併用して手軽に登れる山でもあり、登山初心者や家族連れにお勧めであろう。
山頂からの展望は得られないが、下った見通しの良いところから丸山の姿、そして、広大な大笹牧場の眺めがすこぶる良い。



東へジグザグに急斜面を下っていく。
標高1850m付近で突然平坦になり、樹林帯から一面の笹原に変わる。

ここからキスゲ平までは、踏跡が幾条にも乱れて付いていて、方角さえ間違わなければどれを歩いても同じであろう。

砕石がゴロゴロした「焼石金剛」を過ぎ、木の柱が等間隔に立つ広い尾根道をグングン下っていく。



丸山への分岐道を過ぎると、その眼前に小丸山のスキー用のリフトが待っていた。
この周辺一帯がキスゲ平が広がっていて、なかなか壮観であるが、花の季節は峠は越えたようだ。

リフトを乗り継いで、そして、バス車中の人となり、今日の諸行は成し終えた。



次回、「男体山






【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代