2013-01-26(Sat)

霊峰・日光の山々(47)男体山 「登山開始」






 霊峰・日光の山々(47)男体山 「登山開始」 







1合目階段と1合目石標



登山開始

境内駐車場に車を置いて、鳥居を潜り、階段を上り詰めると登拝門が通用門の如く遮っている。 
本山を目の当たりにして、すでに緊張感が高まる。

神山に向けて仕掛ける前に、先ずは受付を済ませる必要がある。
ここで簡単な登山届と入山料500円を支払い、御守りを戴くことになる。



登拝門を潜ると、いきなり急な階段が待ち受ける。

この辺り、関東西部の丹沢・大山の下社の登拝口、登拝門に似ている。 
若しかしたら大山(相模・丹沢大山)のほうが階段はきついかな・・?。


男体山も大山も信仰の山というだけあって、こういった階段そのものが修行の入口の第一歩とって感じがしないでもない。

この日は他にも何組か団体がいたが、登山やトレッキングに不慣れな方は、最初のバテがやってくるところでもある。



階段を登りきると、まずは一合目到着。
一合目から三合目まではモミやミズナラを中心とした深い森の中の急坂を長々と登って行く。 

林床にはきれいな笹が繁る見事な森である。


1合目遥拝所には、次のような説明が記されていた。

「ここは霊峰男体山の一合目である。古来5月5日の開山祭、10月25日の閉山祭には宮司以下神職、氏子、崇敬者がここに至り玉ぐしを捧げて奉拝する習わしである。山頂奥宮(2484)に登拝できない向きは、中宮で祈願を籠めたあと、ここで遥拝することになっております。」
とある。 

崇敬者とは、氏子以外にも信仰的契機により、その神社を継続的に崇敬する人をいう。



2合目からは目に染みる緑の中、初めは林の中のなだらかな登山道を登る。

根っこや腐葉土などで滑りやすい土が多くなり、登りはよいが下山時は滑って転んだりしないように、気を使う必要があろう。


樹林帯の中を30分ほど歩いて、三合目に到着する。
3合目の林道に出る手前に登拝者の避難用のプレハブの小屋があり、休憩ポイントであろう。

その後、林道に合流し、ここからは4合目の石鳥居まではアスファルトで舗装された道路を行くようになる。



次回、男体山 「四合目鳥居







PCで仕事の依頼、PCで仕事の内職・↓・↓・↓・(Lancers:ランサーズ)

Lancers.jp




【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代