2013-03-10(Sun)

霊峰・日光の山々(50)男体山 「八合目・滝尾神社」

.




 霊峰・日光の山々(50)男体山 「八合目・滝尾神社」 




7合目避難小屋



7合目避難小屋内部


さて、崩壊しやすい観音薙を、ジグザグに登って行くとトタン屋根の休憩所が出てきて、ここが七合目である。
避難小屋のそばで休憩。

涼しいで風が抜ける七合目で少し長めの休憩を取ってから、なお険しい道を八合目へと向かう。 ただ、七合目の避難小屋は破損が進んでいて、使用には難があるようだ。
相変わらず急坂が続くが、考えてみたら急坂で一気に標高を上げてくれるし、短時間で山頂まで行けるんだよね。 でも、やはり辛いか・・!!。
30分ほどで八合目の瀧尾神社に到着。

ここにはお社がある。
赤い鳥居を過ぎると小さな社務所のある八合目・滝尾神社となる。
ここは二荒神社の別宮で、ここの本社は無論、日光東照宮の脇に鎮座している。




八合目鳥居



滝尾神社は、先にも述べたが、女峰山の麓、二荒山神社本社の西、約1キロの山中に鎮座している。

参拝者で賑やかな日光三山(日光東照、日光山輪王寺、日光二荒山神社本社)エリアと異なって、極めて静寂な地、霊域漂うところに最古の神社として佇んでいる。
祭神は大己貴命の妃神・田心姫命である。

弘仁11(820)年、弘法大師が滝尾の霊区を開き、女峰山を拝して田心姫命をまつった社で、女体中宮と讃えられている。

この社に参るには、白糸ノ滝からうっそうとした樹林の間の坂道を登り、「運だめしの鳥居」をくぐると、やがて滝尾神社の美しい楼門に出る。
門額に「女体中宮」とある。


楼門をくぐると拝殿・唐門・本殿があり、いずれも重要文化財に指定されている。
本殿裏には「三本杉」の巨木が立ち、石鳥居や石灯籠-いしどうろう-を建てて石柵を巡らした一画がある。 滝尾の大神(田心姫命)の降臨したところと伝えられている。
御神徳の高い妃神の信仰は厚く、境内には滝尾稲荷をはじめ、子宝が授かるという「子種石」や「縁結びの笹」 などがある。


この社務所・・?小屋の裏側には鎖場があって、これを登れば、ほんのちょっとだけショートカットができる。 
別に難しくもないので、せっかくだから鎖場から行きましょう。
八合目から先は、いよいよ岩場も減ってきて、周りの木も低くなってきます。
かなり掘り込まれた道筋で、土砂の流出防止の土留が丁寧に置かれていた。 それが九合目直下まで続いた。






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代