2013-03-26(Tue)

霊峰・日光の山々(53)男体山 「志津小屋コース」







霊峰・日光の山々(53)男体山 「志津小屋コース」




裏男体山(志津峠付近から)



志津小屋


裏男体の志津小屋から登るコース

尚、サブコースは、今回のコースとは逆の志津小屋から登るコースが標高差約700mがある。
今回紹介しているコースが約1200mですので、標高差を考えると裏から登ったほうが楽であろう。
ただ、どちらから登っても、あまり変化のある登山道ではないのでシーズンを選んで登った方がよろしいかと思われる。
5月にはまだ残雪が残っている所もあり、登山者が多いときはガレ場やヌカルミが凄いので注意を要する。


先ず、120号線は中禅寺湖を通り越して、奥日光の光徳牧場方面に一旦入るが、光徳までは行かずに途中から右折して山道(太郎山/志津方面)に入っていく。
入ったら左折し、ここを裏男体林道とも言うが、車道の幅は車一台分しかなく、すり替えするためのスペースは所々あり、志津までは舗装されている。

志津小屋の直前に駐車スペースがあるが、シーズン中の土日は朝早くじゃないとスペースなくなる。
ここから殆んどの人が日本百名山の男体山に登ることになる。



志津は海抜1785mにあり、男体山の表登山道の五合目と同じ高さに位置し、ここから男体山、太郎山、大真名子山、女峰山などへの登山が最も容易です。
また、日光連山の中心地ですから、古来より日光修験道の峯修行の重要な場所であった。

ここから志津小屋を経由して山頂を目指します。
駐車スペースにある標識に従い、志津小屋方面へ進むと直ぐ右手に男体山登山口がある。 
登山口を入り4~5分歩くと、丸太で造られた立派な志津小屋は、本来志津宮の社務所だったらしいが、現在は避難小屋として解放されているようです。
志津小屋の直ぐ先にも社があり、石仏も並んでいます。

山道に入り、一合目を過ぎると、直ぐに二合目に到着する。
右手に視界が開け、また、右手は土砂が崩れ落ちたような絶壁になっている。
二合目付近から堂々とした太郎山の展望が開ける。

さてここを更に登っていくと、樹林帯で視界がなくなり、粘土質の黒茶けた山道になる。
紅葉の時期は、木々が目を癒してくれます。
道は、雨水が川のように流れた後のようで、深く彫り込まれた場所もあり、また、木の根が浮き出て歩き難いところもある。






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍-穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
旅と登山の検索コーナー
カスタム検索(サイトに合わせた検索結果を表示)
フリーエリア
【関連リンク情報】
最新記事
カテゴリ
プロフィール

orimasa

Author:orimasa
いらっしゃいませ・・!
「日本周遊紀行及び旅の記録」
にようこそお越しくださいました、
心より歓迎申し上げます。
タイトルの如く、主に日本各地を
巡りながらの情報ブログです。
記事はすべて、管理人自身が
独断と好みで調べたものです。
時々、誤認情報が生じる場合も
ございますので
あらかじめご了承下さい。

では、ごゆっくりどうぞ。




神奈川県厚木市
男性
ベテラン年代